仕事

SIerの労働時間はなぜ長いのか?残業がひどい理由を考える

SIerといえば残業です。

私も覚悟して入社していましたが、とにかく労働時間が長い。

SIerでも「働き方改革」のようなものが叫ばれるたびに形だけの労働改革が行われます。

労働時間の指標を出したり、早帰りできる日を作ろうとしたり、なんか色んな施策が作られますが、ことごとく消えていきます。

労働状況を改善する施策がことごとく潰されていくのは、「働いている人間が偉い」という暗黙の了解があるからです。

10人中4人が生産性を上げて早帰りしたとしても、長時間労働する6人の声が大きくなり、定時で帰る「サボっている」ように見なされ、だんだんと気まずくなってまた長時間労働に戻っていきます。

「早く帰ると気まずい空気」が消えない限り、働き方改革なんてできないのです。

その背景にあるのは、「企業の文化」です。

残業は美徳という文化が根強い

残業は文化です。

生産性でもなく、社員の優秀さでもなく、文化です。

どんなに優秀な人間が集まろうと、「残業が大好き」な文化の会社に行くと残業が長くなります。

社員の頭の中に「この会社の労働時間は平均するとこれくらい」という暗黙の了解ができるのです。

「暗黙の労働時間」は「会社の多数派」によって作られます。

20時まで働くのが当たり前の会社では、仕事の量に関わらず

「20時まで残って妥当なところで切り上げる人」

「22時まで残って頑張っている風に見せる人」

が出てきます。

「20時まで残るのが当たり前の会社」では、社員が20時までいることを前提として会議などを詰め込まれます。

たとえ仕事がなくても「20時」まで残れるように、何も生み出していない無駄な会議が時間が増えていきます。

SIerには「社員が遅くまで残るのが当たり前」とする文化があります。

この文化は永遠に消えません。

文化は継承されていくからです。

世の中がどんなに変わろうと、SIerの労働時間は長いままなのです。

「残業文化説」に対して「そんなわけないだろ」と反論したくなる人もいるかもしれませんが、自社の雰囲気・空気を感じ取ってみてください。

「帰りづらい空気」を感じたら、そこにあるのが「文化」です。

成果が見えにくいから労働時間でアピールしようとする

SIerの業務は一人で完結するものは少ないです。
大手SIerのプロパー社員であれば特に、実作業はパートナーに投げて、Excelを開いて管理しているだけの人がほとんどでしょう。

そういう人は実際に何かを生み出しているわけではありません。

一生懸命管理しています。

やることがないのです。

なので、無駄に会議を入れたり、遅くまで働いて「チームに貢献している感」を出そうとします。

いいから帰れよ、とは誰も言わないのです。

パートナー企業の「監視」として居残る

「パートナー企業のメンバーが働いている限り、社員は見守らなければならない」という謎の発言をしていたPMがいました。

分業して任せているんだったら、自分の仕事が終われば帰ってもいいだろうし、社員が帰らないとパートナー企業も帰りづらいだろうとは思いましたが、PMの立場からすると、社員が監視してパートナーが馬車馬のように働いた方が都合が良いのでしょう。

「社員が帰るのは最後。

パートナーの連絡には夜でも朝でもすぐに反応すること」

みたいなルールを作ろうとするPMがいました。

そんなプロジェクトでは当然、誰も帰らないので労働時間が長くなります。

残業前提の計画

労働時間が長くなって嬉しいのはPMです。

そもそもが無茶苦茶なスケジュールを組んでいて、計画時点で破綻しているのです。

社員、パートナー企業に毎日2MD分働かせて、スケジュールの辻褄を合わせるようなプロジェクトが大量にあります。

「計画通りに進んでいます」

の裏には、2日分働いている人間がいるのです。

半年以上かけ、たくさんのレビューを経て承認された計画は、プロジェクト開始後2ヶ月でデスマーチになります。

何のための計画だったのか。
何のためのレビューなのか。

くだらない!

プロジェクト開始2ヶ月で狂う計画を半年かけて作り、数字遊びの見積もりを出し、

「論理的に正しい!数字が命!(ただし労働時間の“数字”は無視)」

と誇らしげに「マネジメント」を語る。

SIerはそんな連中ばかりです。

資料作りに終わりがない

以下の記事に書いた通り、SI社員の業務は「作家」です。

SIerの何がやばいの?中の人がリアルな事情を語ってみる

資料の「執筆」には終わりがありません。

どこまでも時間をかけられます。

作った資料は厳しい「レビュー」を通さなければなりません。

このレビューはとにかく色んな人が色んな視点からいちゃもんをつけてきます。

指摘が来るたびに資料を修正しなければなりません。

指摘の対応が面倒なので、一生懸命資料を作る。

一生懸命作った資料だろうと、指摘しないと自分に価値がないと考える人もいるので、とにかく何か指摘を入れる。

資料作成→レビュー→指摘対応→資料修正→レビュー→指摘対応

というような、資料の執筆に1ヶ月の半分くらいの時間が取られます。

資料の執筆に加え、「報告書の執筆」にも時間を取られます。

細かくて面倒くさいPMは報告コストが高いです。

いちいち詳細な報告資料を作り、逐一何かを報告しなければいけません。

細かくて面倒くさいPMは小学生並みに馬鹿なので、

「なぜ?どうして?詳しく報告しろ」

みたいな感じでとにかく1から10まで報告させようとします。

別に報告自体はいいとは思うのですが、いちいち1から10まで報告するためには準備が必要です。

「システムの中身は知らないけどプロジェクトマネージャーです」

みたいな奴に限って、細かな報告を求めます。何の役にも立たないのにです。

そういう奴に報告するために、多大なる工数を取られます。

「大規模プロジェクトのPMをやってきました(ただし技術知識は女子大生以下です)」

みたいな奴はそういう傾向が強いです。

他人を詰めないと自分の存在意義を証明できないから、とにかく細々とやらせようとするのでしょう。

権力を誇示したいアホです。何もできないくせに偉そうなPMはアホです。

わかりました!
では私は辞めます。お前が代わりにやってください、と言うと何もできません。

伝言ゲームに時間がかかりすぎる

SIerの本質は伝言ゲームです。

作業を細かく分担し、それぞれの作業状況を報告して共有します。

人数が増えれば増えるほどコミュニケーションコストは上がります。
状況の共有であったり、内容の報告、作業の調整に時間がかかるのです。

SIerでは一つのシステムを開発するのに膨大な人数の人が関わります。

その人達との作業の調整であったり、状況の共有だったりをするためには連絡が必要です。
会議を入れることもあるでしょう。

人数に比例して「定例」は増えます。

定例が増えると報告業務が増えて、報告を理解する時間も必要になります。

報告を受けて、まとめて、また上に報告してというエスカレーション伝言ゲームは何も生み出さない割に多大なる時間を浪費してしまいます。

「関わる人数が多すぎる」

これがSIerの労働時間が長くなり、生産性が落ちる理由です。

一人ひとりの専門性を高め小さなチームを作るのが解決策ですが、SIerの社員の大半に専門性はないので、チームは細かく分けざるを得なくなります。

アプリケーション、基盤のように水平に分業するだけでなく、アプリケーションの中でもリーダー、下請け、下請け、下請け…と垂直に分業されていて、分業が多くなればなるほど、生産性は落ちます。

無駄な調整に時間が取られます。

とりあえず会議

SIer社員は会議が好きです。

何かあればとりあえず会議を入れようとします。

たとえば「会議は午前中にまとめる」とかの配慮があれば「午後は開発に集中」のようにできますが、そういう配慮ができる人はいません(私はそうしていました)

開発者の気持ちがわからないし、生産性を考える人がいないからです。

何かがあれば会議を入れようとして、一度設定した定例はなかなか消せません。

会議を入れるのは簡単ですが、会議を無くすのは難しいのです。

気付けば一日が会議で埋まり、一週間の労働時間のほぼ全部が会議になっていたりします。

色んなプロジェクトに顔を出す「偉い人」は隙間があれば会議を入れられ、その人の予定を抑えるために「会議を入れるスペースを探す作業」に時間が取られたりします。

「会議は最低限の人数で、必要な時間だけ参加する」ようにすればいいのに、とにかく根性で、最初から最後まで、全員が聞く、みたいなスタイルで進捗報告会議をやってる人がけっこういます。

そういう「全員参加で発言しない会議」で大事な作業が中断されたり、労働時間を削られている人がたくさんいます。

会議で何か問題が解決すると考えているなら改めるべきだし、そもそも

「会議しなくても状況が共有できる形の仕組みを作る」

方向に注力すべきなのです。

そういう当たり前の努力ができず、思考停止で前例踏襲しているので、SIerの残業時間はいつまで経っても減らないのです。

自業自得ですね。