古い記事

Subversionでフルバックアップ。dumpをとって、リストアさせるまでの手順。

まだまだ、バージョン管理にSubversionを使ってる人もいるはず。
ちゃんとバックアップ運用をしましょうということで、dumpを取るまでの手順。

前回の記事で作ったSubversionのリポジトリをdumpして、別のサーバのリポジトリにインポートするまでの手順を示す。

環境はVagrant(デスクトップに仮想環境を作れる)で、UbuntuとCentOSのサーバをそれぞれ用意した。

Subversionのdump自体はすごく単純なもので、実行すべきコマンドは多くない。

まず、dumpしたい側のサーバで、以下のコマンドを実行する。

svnadmin dump ~/repos/samplerepo/ > repo_dump_20140313.dump
「~/repos/samplerepo/」というのはこのサーバに立てたSubversionのリポジトリである。
これを指定して、svnadmin dumpするだけ。

すると、「repo_dump_20140313.dump」というファイルができるから、こいつをscpか何かで別のサーバに持っていく。

今回はwinscpを使ってコピーしたが、別にscpコマンドで転送してもよい。
この辺は、省略する。

次。

インポートする側のサーバ。
つまり、Subversionのリストアの手順だ。

先ほどのdumpファイルを持っていっておく。

まず、つっこむようのリポジトリを作成する。

svnadmin create svn-repo2
で、こいつに対して、さっきdumpしたファイルをインポートすればいい。

svnadmin load ./svn-repo2/ < repo_dump_20140313.dump
そうすると、リポジトリにはデータが格納されるから、
適当なディレクトリを作って、

svn co file:///home/vagrant/subrepo/svn-repo2/
を実行すると、元あったリポジトリの内容がチェックアウトされる。

こんな感じで、Subversionのバックアップと、リストアの手順を作ることができる。

created by Rinker
¥2,860
(2023/01/29 04:32:32時点 Amazon調べ-詳細)

「Subversion実践入門:達人プログラマに学ぶバージョン管理(第2版)」プロジェクトでSubversionを使っている人は、必ず読むべきだと思う。

自分の経験から、手元に置いておくと絶対に役に立つって言える。

以下はオススメ記事。

[catpost catid="15" num="5"]



お金があるかないかで人生の楽しさは全く変わってきます。

お金があっても幸せになれるとは限りませんが、お金がない人生は不幸です。

お金がなかった私が、転職して年収1000万を超えるまでにお世話になったブログを紹介します。

エンジニア転職のリアル

今の時代は、お金を稼げるかどうかは能力の有無よりも触れた情報の質によるものが大きいです。
ぜひ皆さんも良質な情報に触れて、お金持ちになって人生を充実させてください。