「自宅学習」は試験勉強に向いてない!自宅学習よりも自習室や図書館が良い理由

資格試験の受験を決意したら、兎にも角にもまずは学習時間を確保しなければいけません。
どれだけ長く、集中した時間を確保できるかの勝負です。

どんなに効率よく勉強したとしても、量にはかないません。
超効率で1日1時間勉強する頭の良い人よりも、コツコツ毎日10時間勉強する凡人の方が成績が良いです。

勉強時間を増やすコツは誘惑をできる限り減らすことです。
スマホを遠ざけ、テレビや漫画がない場所で勉強した方が良いです。

具体的には、自宅で勉強するよりは自習室や図書館に行った方がいいです。
市立の図書館は「よくわからない何者か」に集中を阻害される可能性があるので、大学や高校の図書館・自習室が最高でしょう。

都心に住んでいる方であれば、有料自習室やコワーキングスペースがおすすめです。

自宅学習のデメリット

自宅学習にはデメリットが多いです。
特に高校生や大学生は自宅では集中できない人が多いと思います。

以下にデメリットを挙げていきましょう。

テレビの誘惑が多すぎる

子供が受験勉強を頑張っているのに、親はいつもテレビをつけている家庭は多いでしょう。
親は受験勉強するわけではないからです。

居間では常に集中を奪うテレビが流れっぱなしで、目に入るとつい時間を奪われてしまいます。
目に入る誘惑が多すぎるのです。

ベッドが横にある

仕事や勉強するなら、真横にベッドがある環境は避けましょう。
寝たくなってしまいます。これは誰でも同じです。

夜にベッドで寝るのはいいですが、仕事中はできれば机で寝ましょう。
昼寝は脳を活性化させるので「一切寝るな」とはいいません。

でもベッドで寝てしまうと時間が一気に飛んでしまいます。
そして我々の意志は弱いので、ベッドが横にあるとどうしても眠ってしまうのです。

勉強に関係ない声が聞こえてくる

家族の会話は勉強には邪魔です。
不要な声は集中力を奪います。

人間にはどうしても集中しなければいけない時期があります。
家族との会話をゼロにしなければいけないとはいいませんが、集中したい時期はつながりを意図的に断ち切りましょう。

自習室のメリット

自習室での勉強には大きなメリットがあります。
私の体感では、自習室を利用することで集中できる時間が1.5〜2倍程度に伸びます。

なぜでしょうか?

自習室には周りに頑張ってる人がいる

周りの頑張っている人を見ることで「自分も頑張ろう」と思える効果は大きいです。
特に根性のあって負けず嫌いの体育会系の人には効果的です。

周りの誰よりも早く自習室に行って、誰よりも遅くまで頑張ることを目標にしましょう。
競い合ってください。

「負けたくない」という気持ちが自分を伸ばします。

誘惑がない

周りに誘惑がない環境は大事です。
自習室には誘惑がありません。

テレビもなく、周りは集中している友達だけです。
できれば友達がいない予備校の自習室や有料自習室、コワーキングスペースを利用してほしいですが、学校の自習室で頑張ってる友達の姿を見るのも効果的です。

「絶対に負けたくない」

と強い気持ちを持ってください。
ライバルが周りにいない人は想像してください。

全国で、自分以上に頑張ってるやつがいることを。

「負けたくない」
「絶対勝つ」

試験もビジネスも競争です。
競争に勝たなければいけません。

ビジネスはチームが強ければいいですが、試験勉強は個人プレー。
とにかく自分が競争に勝たなければ意味がないのです。

誰よりも時間を費やしましょう。
誰よりも集中しましょう。

燃え尽きるくらい机に向かいましょう。

「もうこれ以上頑張れない」

という限界までやりましょう。毎日です。
それを毎日、続けましょう。

たまに息抜きもできる

自習室の良いところは、たまに息抜きできる点にもあります。
自習室の中で喋るのはNGですが、近くの食堂だったり、休憩スペースにいる友だちに話しかけるのもいいでしょう。

「60分集中したら5分休憩する」
「90分やったら10分息抜きする」

くらいのペースで、時々休憩を挟むのは生産性を上げるのに効果的です。

友達は上手に利用しましょう。
ライバルであり、仲間であり、癒やしアイテムでもあります。

一緒に受験勉強を頑張る仲間は思った以上に力になります。

「周りの人が頑張ってるから自分も頑張る」

というのは、ものすごく自分を成長させる原動力になるのです。