マンガ

『迷宮ブラックカンパニー』を無料で読む方法

『迷宮ブラックカンパニー』は全ての会社員の新人研修で読ませたい名著です。この漫画が繰り返しているメッセージは一つ。

「どんな環境であれ、精神を奴隷にするな。自由に生きろ」

『迷宮ブラックカンパニー』を読んで私は心を打たれました。現代の社畜に警鐘を鳴らしているように感じたからです。漫画は異世界の話ですが、決して他人事ではありません。

主人公のニノミヤは24歳にして「FIRE」を手に入れました。「Financial Independence, Retire Early」つまり、経済的な自立を実現させて、仕事を早期に退職する生活するスタイル」のことです。ニノミヤは自身を「セレブプロニート」と称しています。

地主でもない限り、自分の力でセレブプロニートを実現するのは簡単ではありません。金がないと労働から抜け出せないからです。

ニノミヤは貯めた小遣いを投資に注ぎ込み、元手を増やしていきました。新聞配達から投資を始めたウォーレン・バフェットのように。

増やした資産を海外の不動産に投資し、不動産収入が入ってくるようにしました。

不動産の利回りは投資の費ではありません。無論、リスクもありますが、固定収入を得るためには最終的には不動産を買うのがゴールになります。桃鉄も資産を持っている奴が勝つように我々の世界でも不動産を持っている人間が勝つのです。

私も『迷宮ブラックカンパニー』を読み終えた瞬間に米国株式の積立を始めました。ニノミヤのようにニートになりたいからです。

高級マンションの最上階の勝ち組のニート。ニノミヤが目指した生活を実現した…と思いきや、なぜか異世界に飛ばされてしまいます。

異世界で社畜となるニノミヤ

異世界に飛ばされたニノミヤはカイジの地下労働場のような環境でひたすら働かされます。

彼を”詰める”上司はこう怒鳴りました。

「お前はよぉ…全然本気じゃねぇよな?そういうのはサァ伝わってくんだよ!」

「こんな結果出して恥ずかしくねぇのか!ああ!?空気ってモンちゃんと読めてるかぁ!」

「仕事ってのは身体壊してなんぼなんだ!いいか死ぬ気で働け!結果ってのはそうして付いてくるんだ!俺が若い頃はなぁ」

この”詰め方”は証券会社によくいる脳筋タイプの上司の”詰め方”です。作者の安村洋平さんは間違いなくブラック企業で働いたことがある人だと思います。

私が勤めていたブラック企業でも「俺の若い頃はなぁ」を語りだす上司がいました。なぜ会社という仕組みの中で泳がされながら、こんなに誇らしげに人生を語ることができるのでしょうか?

そう、脳が会社に支配されている社畜だからです。私達のニノミヤはそんな環境に支配されません。

彼が飛ばされたのは「デトモルト魔鉱遺跡」という魔石を採掘する鉱山です。完全にカイジです。

一度社畜に堕ちても心は折れないニノミヤ

ニノミヤの魅力は無意味な労働は全力でサボり、資本主義の資本家側の立場に脱出しようとする点です。

どんなときもビジネスマンとしての視点を忘れません。ルールの抜け道を探し、金儲けを企みます。

社畜的な精神に魂が侵食されている人は、ニノミヤを見て、「せこい!」「勤勉に働かないクズ!」と感じてしまうかもしれませんが、本来はニノミヤが正しいのです。ニノミヤに共感できない会社員は完全に洗脳されています。

金儲けの種を見つけ、労働者を雇い、自分は頭を使って労働者を使役する立場に立とうとします。資本家です。

ワニベという冴えない男をそそのかし、裏道を見つけ、金儲けを始めます。ここからニノミヤの逆転は始まります。

ここから得られる教訓があります。

黙って何も考えずに会社に従っているだけでは絶対に、絶対に豊かにもなれないし、幸せにもなれないのです。社畜に堕ちたときのニノミヤは生きていくギリギリの分だけの給料しかもらえていませんでした。

私達も大抵はそうです。次の日も元気に働くための原資として給料を渡され、働いても働いても金が貯まりません。

金持ちになるには労働者から抜け出さなければいけないのです。ニノミヤは本当に大切なことを教えてくれます。

心に響くニノミヤの名言

ワニベを使って儲け話を進めるニノミヤ。ワニベはニノミヤにお礼を言います。

「こうして必要とされるのが久しぶりなんだ。ありがとうニノミヤ君」

ニノミヤは合理的でドライな人です。ドクターストーンの千空のようです。

勘違いするな。俺にとってお前は都合が良かったんだよ。

お前には友人が少なそうだからな。無駄にメンツを増やす心配はない。

横に繋がりのある弱者は群れようとするからな。大したことは出来ないくせに不満ばかりを言うようになる。

生産性の無いルーチンワークを無難にこなして、弱者であることを盾に下から上を見下す。

世の中に淀みを撒き散らす唾棄すべき存在だ。俺はそんな連中を使う気にはなれない。

なぜなら俺は勝者だからだ。勝者はただ働くことを由としない。

ここでガツンと掴まれました。会社にもいるでしょう。下から上を見下し、文句や不平不満ばかりを言ってる唾棄すべき連中が。

勝者はそういう連中とはつるみません。ニノミヤはいつも大切なことを教えてくれます。

『迷宮ブラックカンパニー』を無料で読む方法

迷宮ブラックカンパニーを無料で読む方法はとてもシンプルです。知っているか知らないかの違いだけです。

Kindle Unlimited で無料で読めます。AmazonアカウントがあればOKです。

Kindle Unlimited は2ヶ月キャンペーン中は99円で利用できる上、30日間のお試し期間があります。

お試し期間で解約すればお金はかかりません。迷宮ブラックカンパニーはお試し期間中に読んでしまいましょう。

世の中には色々な無料を謳う漫画サイトがありますが、大抵は違法な中国系のサイトです。変なファイルをダウロードすると、ウイルス感染のリスクも高くなるのでやめておきましょう。

Amazonで無料で読めばOKです。