成績を上げるのに学校の授業なんていらない

多くの小中学校で休校がGW明けまで延長される見込みです。
休校が延長され、子供としては春休みが延びに延びて大喜びかもしれませんが、親はどうやら心配しているようです。

子供の勉強に遅れが出たらどうしようと。

正直言って、何も心配ありません。
少なくとも公立中学・公立高校に通っている人は何も心配しなくていいです。

学校の授業にたいして意味などないし、独学ですぐに追いつけるからです。

学校の授業のスピードは独学で学ぶ場合の3分の1以下です。
授業の質も決して良いとはいえません。

2ヶ月どころか、半年授業がなくても全然問題ないです。
受験期の1ヶ月で公立中学や公立高校の半年の授業分の勉強が独学でできます。

授業なんてマジで意味ないですから、安心してください。
学校に行っても行かなくても変わりません。

学校の授業はほとんど意味がないですし、教師の自己満足に過ぎないのですが、それよりも重要な問題は、子供が家で勉強するかしないか、というところでしょう。

学校の授業がどんなに非効率でも、「無」よりは意味があります。

独学すれば余裕で学校よりも効率的に勉強できるとしても、肝心の勉強時間がゼロなら意味がありません。

春休みが延びたのは僥倖です。
いまのうちに勉強の習慣をつけましょう。

ただし、家で勉強するのは進学校の生徒に限るでしょう。
それ以外の子はどうせ勉強なんてしません。

進学校の生徒は、今自習できるかどうかが受験の勝負の分かれ目です。
小学校の生徒は、親が一緒に勉強するべきです。

今まで学校に丸投げしていた親は大いに反省して、子供と一緒に勉強しましょう。
中学3年生もチャンスです。

4月のうちに先回りして7月くらいまでの範囲の勉強を終わらせておきましょう。

親が一緒に勉強できない人、中学・小学の範囲に自信がない人は「スタディサプリ」か「進研ゼミ」をやらせましょう。

スタディサプリは一ヶ月無料で使えます。
休校が延びた今こそ、自習で一気に周りに追いつき、追い越し、差をつけるチャンスです。

スタディサプリは惰性で授業している公立高校の先生と違い、成果が出なければ給与が減らされるプロの講師が授業を担当しています。
学校の授業に遅れている人は今こそがチャンスです。

中学生はスタディサプリで一気に差をつけましょう。



小学生は進研ゼミがいいと思います。
タブレットで勉強できて、飽きない工夫がなされています。

学校の勉強のように無味乾燥でつまらないものではありません。
できれば親が一緒に見てあげるのがいいでしょう。

子供が勉強しなくて悩んでいる親はどうしたらいい?

子供が全然勉強しなくて悩むお父さんお母さんもいるかもしれません。
親がどこまで本気かにもよりますが、子供を本気にさせたいなら親も本気になるべきでしょう。

テレビがあるからゲームをしてしまうのです。
親がスマホばかりいじっていて、どうして子供に「勉強しろ」なんて言えるでしょうか。

まず親が手本を見せましょう。

一緒に勉強しましょう。

勉強しかできない書斎を作って、一緒に過ごしましょう。
親に見てもらって、親に褒められるだけでも子供は頑張れるものです。

「勉強しなさい!」で放置するのではなく、「一緒に勉強に取り組むスタンス」でいくほうが効果が高いです。

競争があれば子供も頑張る

休校時期に塾に行くのは厳しいと思います。
周りに頑張っている子供がいれば子供も頑張るのですが、周りの生徒を見せられないのが辛いところです。

周りの頑張っている子供と励まし合えるように、親同士で協力しましょう。
一人で頑張れない子も、周りが頑張っているとわかれば努力できます。

競争心を煽ることで、お互いを高められます。