なぜ日本の会社は労働生産性が低いのか?効率よりも捨てる意識が大事

日本企業の生産性があまりにも低いことは痛いほどわかっている。
私が所属してきた企業を前提としているため、「日本企業」でくくると様々な例外も出てくるだろう。

それでも古き良き日本の大企業が共通して冒されている病理のようなものがあると感じている。

無駄な残業が多く、誰も幸せにしない会議を延々と続けていく。

会議を開いたものの、その場で何かが決定するわけもなく、「検討します」で次回に先延ばしにし、責任の所在が曖昧になったままいつの間にか担当者が異動になってしまう。

日本企業はとにかく無駄が多い。

近年の働き方改革の影響で、多くの会社で「生産性を上げて早く帰ろう」という動きが出てきている。
生産性改革が目的なのか、無駄な残業代の削減が目的なのかわからないが、私は会社の「働き方改革」を見て驚いた。

早く帰っても、アウトプットは何も変わらないのである。

みんなあんなに苦しそうな顔をして残業していたのに、上から「早く帰れ」と言われたら素直に早く帰り始めた。
それで、強制的に早く帰っても成果物は質・量ともに変化がないのだ。

あの残業は何だったのか?

彼らは仕事をしていたわけではなく、仕事をしているとアピールしたかったのだ。

だから意味もない仕事をダラダラと続けて無駄に会社で時間を過ごし、「残業が辛いです」と周囲に認めてもらおうとする。

馬鹿なのだろうか?

偏差値の高い大学を出て、就活戦争を勝ち抜き、そこそこ名の知れた会社に優秀な新人として入社した若者が、古い会社の文化に染まって馬鹿になる。

本人の頭が悪いのではなく、人間を馬鹿にしてしまう圧力が働いているとしか思えない。

日本企業に根付いた減点主義文化

会社員として仕事をしていると、減点主義の文化が強く根付いていると感じた。
ミスをするかしないかが最も大きな焦点となり、基本的にはチャレンジよりもミスしないことが重要となる。

建前では「伸び伸びとチャレンジできる風土のある組織である」などとほざいているが、現実は前例踏襲でミスがあったら、

「なぜミスをしたのか」

を意味があるかどうかわからないレベルまで報告させられてしまう。

ミスがあったから修正し、改善し、再チャレンジするのはダメで、ミスを完璧に無くすことを求められているのだ。
そうなると、誰も「前例のないチャレンジ」なんてしたがらないだろう。

そんなことをしても評価も上がらないし、いちいち是正の説明を繰り返すのも面倒だ。

独創的な仕事をするといちいち面倒な報告が増える割に報われないため、前例のある作業、前任者が行っていた作業を踏襲するインセンティブが働く。

前例のある作業は古い時代からずっと続く化石のような業務も含まれている。
そんな化石作業を見直すこともなく、ひたすら思考停止で続けているため、日本企業の生産性は馬鹿みたいに低い。

仕事を「捨てる」意識が足りない

前例主義、減点主義が深く根付いた組織の人間はどうなるか?

「やったほうが良さそうなことは全部やっておきましょう」

という思考に至る。

やったほうが「良くない」仕事などない。

全てはトレードオフだ。
費用対効果を踏まえて、限られたリソースで優先順位をつけて、やれるものからやっていくしかない。

しかしながら会社の文化に染まった人間は「前任者がやってきたこと」などは全て「やった方がいいからやりましょう」と考える。

できることは「念の為に」なんでもやって、ちゃんと仕事をしているアピールがしたいからだ。

そうやって効果が低い作業も一生懸命熱心にこなし、業務時間が膨らんでいく。

意味があるかどうかを考えずに何でもやろうとするからダメなのだ。

それもこれも、日本企業の「成果よりも忠誠心を評価する文化」が根っこにある。
転職を前提としないため、社内での評判を落とすことを極端に恐れてしまう。

身内の評判を落とさないために、一生懸命やっているフリをする。
目的は「会社に貢献していると周囲にアピールすること」だ。

私は常々思っているのだが、「忙しい忙しい」とボヤく会社員に限って

「忙しくならないようにするためにはどうしたらいいか」

を全く考えないのはなぜだろうか?

彼らは「忙しい状態」でないと自分の存在意義を感じられないから、常に忙しそうにしているのだ。
忙しい自分を見てほしいし、暇になったら不安で発狂してしまうだろう。

彼らはそもそも生産性の改善など本気で望んでなどいない。
彼らが望むのは、「生産性を改善する施策に一生懸命取り組んだ」という評価である。

本気で改善しようとしていないのに、「生産性を改善するプレイ」みたいな会議を延々と繰り返し、時間を浪費していく。

日本企業の生産性が低い本当の理由は、中の人の多くが本気で生産性を良くしようなんて思っていないからだ。
なぜなら、生産性が上がり、仕事がなくなると不安で仕方がないから。

早く帰ると無能に思われそうで怖いから、意味のない仕事を作り出すのだ。

ソフトウェア開発に「銀の弾丸など無い」とはどういう意味か『人月の神話』を読んでみた

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です