システムインテグレータで人気の資格試験、取ると出世に役に立つ試験を紹介する

SIerでは「勉強する」というと「資格試験の勉強」を指すことが多い。

WEB+DBPRESSを購読したり、技術書を読む人はほとんどいないが、情報処理試験の勉強はみんなしている。

なぜなら、会社で推奨されるからだ。

高度情報処理試験には様々な種類がある。
たまにそれぞれの資格をコンプリートした人がいるが、そういう人は春と秋は自信満々のドヤ顔で社内を歩いている。

ものすごく資格試験のお勉強がお好きなんですね、と思いつつ、「全部取るなんてすごいですね!」と褒めるのがお決まりのやり取りであった。

「資格試験の勉強ばかりしているやつは仕事ができない」

と批判すると気持ちよくなれるかもしれないが、高度情報処理試験の勉強をちゃんとしている人は比較的、仕事もできる人が多かったように感じている。

どちらかというと、「情報処理試験の勉強すらしない人」の方が仕事ができない可能性は高い。

しかしながら、高度情報処理試験を大量に取っている人でもやはりクソみたいに仕事ができない人もいる。

資格試験の取得状況と仕事ができるかできないかの相関はかなり低いと思われる。

改めて振り返りたい。
SIerで人気の資格にはどんなものがあるだろうか。

情報処理技術者試験

第一に挙げられるのは情報処理試験だ。

特に、

基本情報技術者試験 (FE)
応用情報技術者試験 (AP)

の2つは必須で取得していなければならないことが多い。

また情報処理資格試験の保有者の数をプロジェクト受注の際に顧客に伝えることもあるため、公共系のプロジェクトを担当する場合は特に資格の取得の重要性が高い。

新卒でSIerに入りたい人は、「応用情報技術者試験 (AP)」まで取得していればかなり優遇されるのは間違いない。

高度情報処理試験を取得していたら、よほどのコミュ障でない限り、内定は固いだろう。

入社してからも春と秋の受験は半強制で続けることになる。

一部の資格試験が嫌いな人からは「お布施」とも呼ばれる。

なぜSIerでは資格が大事なのか

SIerの業務は「仕事を振って、調整する作業」が多い。

そのため、個人の客観的な実力の評価が非常に難しい。

部下や協力会社に仕事を丸投げしていたとしても、「成果物は投げた側の成果」だからだ。

なぜなら、仕事を投げるのは「マネジメント」とみなされるからだ。
「マネジメントをどうやっているか」までは細かく評価されない。

SIerでの成果は個人の実力よりも、部下や協力会社メンバーの優秀さに左右される場合が多い。

そんな風に、業務の中で能力の差を測るのはとても難しいので、「資格試験に合格しているかどうか」はわかりやすい指標となる。

昇進条件に資格試験の取得が組み込まれていることも多いし、評価の加点になる。

実際は資格試験を取りまくるよりもヒットしたプロダクトを生み出すほうがよほど市場価値は高くなりそうだが、SIerは個人で仕事をすることはほぼないため、やはり個人の実力は資格試験で測られがちだ。

ここからはSIerで取得しておくと役に立つ資格を紹介していく。

SIerの中の人間のリアルな声なので、参考になるはずだ。

高度情報処理試験

高度情報処理試験は本当に取っておいた方がいい。
評価されるし、SIerに転職する際にも役に立つだろう。

高度情報処理試験は業務内の知識で合格できるものもけっこうある。

合格率は低く出ているが、そもそも真面目に受ける人が少ないのだから、低くて当たり前だ。

入社5年目までに2、3個高度情報処理試験を取っておけば、その後「できる奴」として注目され、良い仕事が回ってくる可能性は高い。

文系でも大丈夫!応用情報技術者試験(AP)に合格するための勉強方法と勉強時間

文系、プログラミング経験なし、独学で基本情報技術者に合格するための勉強方法と勉強時間のまとめ。

TOEIC

日系SIerで英語を使う業務は少ない。
英語を普段使わない、ということは、その人の英語力はわからないということだ。

英語力がわからないなら何で英語力を測るか、というとやはりTOEICである。

プロジェクトのアサインを決める部長クラスの人も英語ができる人は少ない。
だから、「海外系の案件」が入ったときに誰をアサインするかを決めるのはTOEICのスコアで決めることが多い。

情報処理試験はみんなが一応取りに行くが、TOEICは自学自習で頑張らなければいけない。
だからこそ、意味がある。

もちろんSIerには優秀な大学生がたくさん入ってくるので、元々TOEICのスコアが高い人はけっこういる。
850点くらいだとあまり目立たないが、900点を超えると一目置かれる感じだ。

さっさと900点以上のスコアをゲットしておこう。

毎日勉強するならオンライン英会話がおすすめだ。

PMP

PMPは取っておくと一目置かれる場合が多い。

個人的には何の役に立つかわからないのだが、SIerの仕事はプロジェクトマネジメントが主である。

Project Management Professionalの国際資格を取得しておけば箔が付くのは間違いない。
あと、こういう資格を取れば名刺に資格の名前を書けるのも利点の一つだ。

「プロジェクトマネジメントの実力」は一緒に仕事をすればすぐにわかるが、他の人からは見えにくい。

客観的な実力を示すには高度情報処理試験のプロジェクトマネージャーを取るか、PMPを取るのがいい。
高度情報処理試験よりもPMPの方が持っていたら「すごい」と言われる。

オラクルマスター

SIerではデータベースにOracleが使われることが多い。
業務ではOracleのチューニングなどが必要な場面がけっこうある。

そういうときは、Oracleの資格を持っている人が重宝される。
SIの現場は泥臭く、なかなかうまく結果が出ない性能試験との闘いみたいな部分もある。

ORACLE MASTERのGold以上を取っておけば現場でめちゃくちゃ重宝される。
正直、高度情報処理試験を持っている人が現場に来てもたいして役に立たないが、Oracleをよく知っている人が現場にいてくれたらすごく心強い。

ちなみにPosgreSQLやMySQLなどを使っている現場はとても少ない。

証券アナリスト

金融系のシステムを担当するなら証券アナリストを持っておくといい。
勉強内容がファイナンスの基礎的な知識なので、SIer以外でも役に立つ。

というより、証券アナリストレベルの知識がないと社会人として恥ずかしいと思う。

この資格は協会がクソなので、いちいち受験のために謎の教材を買わされて金を取られるのが腹立たしいが、試験の内容、試験で得られる知識はビジネスマンとして一生役に立つ。

資格を取らなくてもファイナンスの勉強はやっておくといい。

¥2,640 (2020/04/09 07:57:59時点 Amazon調べ-詳細)