電気シェーバーで効果がなければヒゲ脱毛しよう


スポンサーリンク

ヒゲが濃いのが悩みだった。朝、綺麗にヒゲを剃ったとしても、夕方にはまた青くなってくる。
この悩みは大学時代からずっと抱えていた。

大学3年生の春。
当時付き合っていた彼女が高い電気シェーバーをプレゼントしてくれた。

「君はヒゲが濃くて悩んでるみたいだから、いいシェーバー使ってヒゲ剃りなよ」

などと言って、3万円くらいするシェーバーをプレゼントしてくれた。

すごく嬉しかった。
これで外出中もヒゲを剃ることができる。

いちいちシェービングクリームを塗って、カミソリを取り出して、剃った後に化粧水を塗って、と一連の作業が面倒だった。
毎日10分を朝と夕。小さな時間に見えるかもしれないが、煩わしかった。

この時間をなんとかして短縮できないかと願った。

電気シェーバーがあれば、いちいちクリームを塗らなくても大丈夫だ。
今日からはシェーバーを持ち歩こう。

そう思っていた。

が、残念ながら、あまりにも濃いヒゲに対してシェーバーは無力だ。

シェーバーで剃った1時間後には、既に青くなってきているのである。
ヒゲが多すぎると、シェーバーの深剃り程度では全く間に合わないのだ。

せっかく買ってもらったのに...
とても残念な気持ちになった。

僕の多すぎるヒゲには、シェーバーでは全く歯が立たなかったのだ。

ヒゲが多すぎる人間はどうやって処理しているか?

まず市販のT字カミソリでヒゲを剃り、その後でI字のカミソリでさらにヒゲを剃る。
二回、三回と入念にヒゲを剃ればやっと、夕方くらいまではひげ剃りの効果が持続する。

それでも夕方になると肌が青くなってきて、気持ち悪い。
ヒゲの部分だけならまだしも、頬や首にまで毛が生えてくるのだ。
本当に不愉快だ。


時間を取られるのも嫌だし、デートに行くときに青いヒゲが気になるのも嫌だった。
どうしたらいいのかとずっと悩んでいたときに見つけたのが、レーザー脱毛だった。

ヒゲの永久脱毛というチート技。
これがあれば「朝のひげ剃り」という何の役にも立たず、何も積み重ならない無駄な時間を削減できる。

早速横浜でヒゲ脱毛ができる皮膚科を予約して、ヒゲ脱毛やってみた。
当初、ヒゲ脱毛したら一発で毛がなくなるものかと思っていたが、全くそんなことはなかった。

転勤に伴い色々と脱毛の医院を変えて、何年も通い続けた。
ヒゲが気にならなくなるまで15回は通っただろうか。

高いところだとヒゲの脱毛で一回5万円以上かかる。
これは正直、高すぎだ。

少なくとも50万円はヒゲ脱毛に投資しただろう。
ヒゲは薄くなったが、お金も失った。

最初からゴリラ脱毛に通えばよかったと後悔した。



今では一週間に一度、少しだけ生えてきたヒゲを電気シェーバーで刈り取るだけで問題ない。
肌にもダメージは少なく、綺麗な肌と言われることが増えた。

ヒゲがないと若く見えることもある。
ヒゲを剃らずに済むと、肌の負担が減り、アンチエイジングにもなる。

ヒゲが濃くて悩んでいる人はたくさんいるだろう。
僕は一生ヒゲで悩み続けることが嫌で、ヒゲ脱毛を決意した。

30代、40代、50代と濃いヒゲに悩んで生きてくのが嫌だから、ヒゲ脱毛に行こうと思った。

同じようにヒゲに悩んでいる人は、ヒゲ脱毛を検討してみてほしい。

blog.codebook-10000.com