新社会人におすすめの年会費無料のクレジットカード


スポンサーリンク

新社会人になって自分用のクレジットカードを作りろうかな、と考え始めた人もいると思います。
ゴールドカードも欲しいけど、できれば年会費無料でお得なカードがあればいいな、と考える若い方向けに、ポイント還元率が高く無料で作れるクレジットカードを紹介します。

方針は「便利にポイントを使えるかどうか」です。
若いうちはカードの利用額も少ないでしょうし、各カードの0.2〜0.5%程度の還元率の差を気にするよりも、

「普通にカードを使って、いつの間にかポイントがついて、面倒な手続きをしなくてもそのままポイントが使える」

のが一番いいと思ってます。

そこで初めにおすすめしたいのが楽天カードです。

楽天カード

楽天カードの良いところは楽天市場でポイントを使える点です。
勉強のために本を買いたいときや、家具がほしいときに楽天市場でポイントを使って買い物ができます。
また楽天で買い物するときはポイントの倍率が増えて、楽天の経済圏の中で生活することができるようになります。

また社会人の税金の還元策としてふるさと納税をやってみたい人もいるかと思いますが、そういう人は楽天市場のふるさと納税を使えば寄附金を払ってポイントを貯めることができます。

楽天はあまりカッコいいイメージはありませんが、その経済圏に取り込まれてしまえばとにかく便利です。
名より実を取りたい人は楽天カードかアマゾンカードがおすすめです。

Amazon Mastercardクラシック

本や家電をアマゾンで買う人はアマゾンでカードを作るのが一番です。
普段の生活で支払ったカードのポイントがそのままアマゾンのアカウントに貯まります。

Amazon Mastercardクラシックの場合、アマゾンでの買い物のポイントがプライム会員の場合は2%、プライム会員以外は1.5%つきます。
アマゾン以外での買い物は1%ですね。

普段アマゾンを使う人にとっては圧倒的に便利です。
僕は普段の買い物の90%はアマゾンか楽天なので、アマゾンカードは必須でした。

Amazon Mastercardゴールド

生活のほとんどをAmazonに依存している人は、クラシックではなくゴールドでカードを作ってもいいかもしれません。
というのも、ゴールドにするとAmazonでの買い物のポイントが2.5%に増える上、アマゾンプライムの特典が使い放題になります。

Amazon Mastercardゴールドの年会費は10,800円ですが、「マイ・ペイすリボ」に登録すれば5,400円引きで初年度年間5,400円。
Web明細書サービスを利用して過去1年で6回以上の請求があれば、二年目以降はさらに1,080円引きで4,320円。

アマゾンプライムの料金は年会費3,900円なので、普段アマゾンプライムを利用している人は、実質年間420円でゴールド会員の特権を行使することができます。

Amazon Mastercardゴールドの場合、全国の主要空港のラウンジを無料で利用できます。

オリコカード

クレジットカードで買い物するならポイント高還元のオリコは素晴らしい節約になります。
ポイント還元率は常に1%で、ネットショッピングサイト「オリコモール」を経由してネットで買物するだけで0.5〜最大14%もポイントがアップします。

Amazonや楽天で買い物をした場合は0.5%プラスでポイントが付きますが、オリコモールを経由すればさらに0.5%のポイントがついて、還元率は合計2%になります。

まぁ、オリコモール経由で購入するなら自分でアフィリエイトアカウントを作って買った方が実質的な還元率は良さそうですが、規約の問題で自分のアフィリエイトアカウントで自分で購入するのは禁じられている場合もあるので、安全にいくならオリコモール経由で買い物するのが良さそうです。

リクルートカード

年会費無料なのにポイント還元率は1.2%と比較的高いのが特徴です。
貯まったポイントはじゃらんやホットペーパービューティーなどのリクルート系のサービスに加え、Pontaにも交換して使うことができます。
特にお得なのはモバイルSuicaへのチャージで1.2%のポイントが付与される点です。

リクルート系のサービスは何かしら使う人が多いと思います。
ホットペッパー系を使う人はとりあえずリクルートのカードを作っておけば、ポイントである程度支払うことができます。

リクルートカード