感謝のプログラミング 10000時間

たどり着いた結果(さき)は、感謝でした。

【プログラミング 16時間目】Javaでネットワークプログラミングことはじめ


スポンサーリンク

ネットワークの勉強をプログラミングを通じて学びたいと思った。
Javaネットワークプログラミング」。2001年に発売された本だけど、今でも使える知識が載っているんじゃないかと思って読んでいる。とりあえずわかりやすい。

この本は以下の方針に沿って書かれている。
Javaの命名規則と設計原理にしたがったきれいなオブジェクト指向を用いてサンプルコードを書く
・ネットワークの概念やネットワークアプリケーションの開発入門書として
・説明は「足りないより多すぎるほうがいい」という考え方を採用
・コードは自由に再利用して構わない

Javaの最大の能力は「ネットワークプログラムを簡単に作成できること」
例)
・データの取り出しと表示
 SQLの発行
 NTPで時刻同期
 HTMLの必要な情報だけを取得して表示 ★この機能が使えるようになりたい!
 繰り返しサーバに接続して、常にデータを最新に保つ
 インターネットからデータを探しだして取得する

ネットワークとは
→ある程度リアルタイムで相互にデータを送受信するコンピュータとその他の装置の集まりのこと。

ノード:ネットワーク上の各マシンのこと

プロトコル:コンピュータが通信する方法を定義する厳密な規定のこと

HTTPサービス:普通はポート80で実行される
 →「Webサーバはポート80で接続要求をリッスンする」と表現する。

インターネットアドレスはICANNによって割り当てられる。
割り当ては中間にISPが介する。
以前はIANA(Internet Asigned Numbers Authority)が割り当てを行なっていた。