政府の民間支援は最小限にしてほしい。


スポンサーリンク

今日の日経。
1面は「公的資金活用で電機メーカーの競争力を強化する」という記事。

何をするかというと、官民共同で特別目的会社(SPC)を設立して、電機メーカーの余剰設備を買い取り、それをリースしようというもの(たぶん)

これによって、減価償却の負担を減らして新たな設備投資をしやすくする。
雇用を守る、などの効果を見込んでいるようだ。

こんなん政府が介入すべきじゃないと思うんだよね。腹が立って記事は流し読みしてしまった。
ダメなものはダメになって、そこから新陳代謝で新しいものが生まれていく。

雇用を守るんじゃなくて、転職しやすい制度を整えましょうよ。
旧態依然とした組織に人を温存しようとするからいつまで経っても新陳代謝が進まない。

自分も大企業にいるからわかるけど、大企業ってのはケツに火がつかないと何も新しいことなんてできないよ。
せっかくケツに火がついて、変われるチャンスなのに政府がお尻をふいてあげようなんて、どんだけ優しい政府だよ。


・円の下落(11年末比)
円・・・11%下落
ドル・・・2%下落
ユーロ・・・0.1%下落
円の下落が突出している。
日銀に金融緩和を迫る姿勢に市場の物価上昇への期待が高まったためだと思われる。

貿易赤字は7兆。これは燃料輸入の増大による。
反原発とかでギャアギャア騒がれたことが原因でしょう。


・外資系金融の終わり
日経の3面だったかな?大きな広告が出ていた。
いちブロガーの本が主要紙にドーンと広告されるという。
今後のブロガーの立ち位置をよく表していると思う。

ブロガーの影響は無視できないものになってきている。

テレビや新聞にまるっきり変わるものではないが、たとえば2chまとめブログなんかをニュース代わりに使う人は増えそうである。
情報が偏るが、今の新聞も偏っているのでどうとも言えない。

新聞は新聞の価値を提供しないと淘汰されていくだろう。
新聞の価値って?人間による取材力。分析力。考察力。

ただのブロガーには絶対書けないレベルの詳細な分析や解説を届けてくれるなら、新聞の価値は永遠になくならない。

・ドコモは2014年にLTEの通信速度を5倍に引き上げる
LTEとは、ロングタームエボリューションの略。

スマホの普及の影響で皆が24時間ネットにつなぐようになり、通信速度の違いがキャリアの優劣を決めがちになってきた。
通信速度がさらに高速になり、安定してくると、もはや音声通話は必要なくなるだろう。
SkypeやLineでの通話はもはや当たり前になっている。

恋人との電話料金を気にして、長電話を親に怒られる高校生は過去のものとなりつつある。
もうなっているのかもしれない。