松井の引退と麻生さんの強い口調が印象的。


スポンサーリンク

感謝のプログラミングといいつつ、1時間目の記事が新聞の記事とは、ちょっとおかしいが、土曜の始まりは新聞記事を読むことにしている。


・松井の引退
僕が小学生のときからテレビを見ると4番・松井秀喜がいた。
チャンスで回ってきた松井。

ここぞという勝負でホームランを打つ松井。
ヒーローインタビューの松井。
凡退して俯き加減の松井。

どれもテレビで見た光景で、懐かしく思う。

王貞治や長嶋茂雄が引退するときもこんな感じだったのだろうか。

「自分たちの世代の偉大な選手が1人、球場を去る」

という経験は初めてかもしれない。
いや、たくさん引退した人はいたかもしれないけど、松井は僕、いや僕ら世代のヒーローだったから。


・麻生財務相へのインタビュー
海外から通貨安競争を懸念する声が聞こえるが、という質問に対し、
「外国に言われる筋合いはない」
という回答に力強さを感じた。

民主党政権に足りなかったのはこのような強い姿勢だったと思う。
通貨安競争は望ましくないかもしれないが、日本だけがフェアにやって、韓国との競争に破れ、電機業界が苦しい立場に立たされる。

たぶん韓国もほくそ笑んでいたと思いますよ。

日本は馬鹿だな、馬鹿正直だな、って。

礼儀を重んじる武士道の国とはいえ、時に野蛮さを持たねば食い物にされる。
世界は競争しているんだから。

・円安へ
1ドル86円まで円が下落した。
物価上昇への期待がこの下落の原因かと思うが、ちょっと急過ぎる気がする。

・年明けの通信規制をしない

ドコモ、AU、ソフトバンクが年越しの際の通話規制をしないとのこと。
LINEとかSNSにユーザーが移ってるからだって。
たしかにイチイチ有料の通話はしなくなったね。

でも気になるのがドコモが「メールサーバーを増強する」との記事。

メールもあんまりしなくなったと思うんだよね。
チャットアプリを使うから。
それよりは、大容量通信をさばくための設備投資をした方がいいと思うんだけど。