時間の無駄遣いが嫌なら人に会うのをやめなさい

世の中には時間を無駄に使わせるものがたくさんある。

テレビ、SNS、ネットサーフィン、無制限に流れる動画…

実に様々な娯楽が我々の時間を際限なく奪っていく。そして私たちは時間を奪われていることにも気付かず、

「忙しい忙しい」

と考えながらいつの間にか一日が終わってしまっている。

このように意識せずに時間を失ってしまう事態を避けるためには上に挙げたような「時間垂れ流しサービス」から距離を置くのも大切だが、最も時間を浪費してしまうのは「人間関係」である。

「人間関係が時間の無駄」とは誰も主張しないが、どう考えても私たちの時間を最も盗むのは人間だ。

飲み会を設定するとしよう。

店の予約・調整のチャットに細切れの時間を奪われ、いつの間にか合計1時間以上の時間を費やしてしまう。

店に向かう前の準備と移動に2時間かかるかもしれない。
そもそも「予定がある日」はまとまった時間が取りにくく、まとまった時間が取れないがゆえに集中しにくくなる。

店でダラダラと会話しながら4時間。
終電を逃したら12時間。

翌日の生産性の低下を考えると、追加で5時間分が無駄になる。

飲み会の後のお礼的なコミュニケーションにもまた時間がかかり、それは延々と続いていく。

人間関係を一つ増やすと、追加でものすごく大きなコストがかかってしまうのだ。

それに出会う人間が全て善人とは限らない。
どうしようもない人間も実に多い。特にそれまでの人生でまともに努力したことがない人間には異常者が多い。

そういう人間に出会ってしまうと、時間だけでなく気力までも奪われてしまう。

「高いレベルの人に会うのが成長のコツだ」という人もいるが、それh嘘だ。

高いレベルの人間に囲まれて、そこで一緒に仕事をすれば成長につながるが、数時間会ったくらいで受ける影響などたかがしれている。それなら誰かの本を読んだ方がよっぽど効果的だ。

だから、目標があるなら人に会うのをやめよう。
会っても別にいいことないから。

人に会うことが自分の目標に合致するなら会えばいいし、「息抜き」を自分のタスクとして課しているなら積極的に会いなさい。
そうでないなら人に会ってはいけない。

人間に会うことをいちいち神聖視してはいけない。成功者とは、孤独に耐えうる者を指す。

快楽のままに生き、まともに努力したことのない人間にはこういう考え方は理解されない。
曲解されることもある。

ストイックな生き方の哲学を語ると

「そんなわけないでしょww」

と斜めから見て信じてもらえない。

彼ら彼女らとは生きる世界が違うのだ。
世界が違う人間と会ってはいけない。

会うなら自分よりも上のステージで生きている人にしよう。
それ以外の人間と会って、時間を無駄にしてはいけない。

人間関係はできるだけ切り離しやすく、いちいち自分の行動の妨げにならないように気をつけるべきだ。
あるいは自分をコントロールして、どうでもいい人間の発言を無視できるようにしておくのがいい。

受験を控えている人、集中したい仕事がある人、夢がある人、目標がある人。

人に会うのはやめよう。
自分のために時間を使おう。

人に会うのは目標を達成してからにしよう。
目標を達成して、同じレベルで次の目標を語れるような人にだけ会うようにしよう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です