簿記2級に独学で合格するための勉強方法

たまたまネットを見ていたら、

「日商簿記2級 独学でド素人が3ヶ月で3級を受けずに2級に合格する方法」

という記事があった。

書き手はタイトルにインパクトを持たせるために「ド素人が3ヶ月で」と書いたのだと思うけど、この「3ヶ月」という表現は曖昧すぎる。

1日3時間勉強する1ヶ月と、1日1時間勉強する3ヶ月は勉強時間的には同じだが、こと試験においては短期間で詰め込んだ方が受かりやすい。

記憶は必ず失われるからだ。

かといって、律儀に勉強時間を正確に残している人がいるかと言われると、それほどいないだろう。

そこでこの記事を書くことにした。
僕は勉強した時間を手帳に記録しているため、「3ヶ月」みたいな単位ではなく、

「合格するには○時間必要」

と時間で必要な量を把握しているのだ。

この記事を読んでくれた人も今なら「Studyplus」を使えば勉強時間は正確に記録できる。

自分がどのように時間を使っているかを可視化すれば、日々生産性を改善できる。
ぜひやってみてほしい。

結論から言うと、通常の頭脳を持つ人間が簿記2級に合格するまでに必要な勉強時間は90時間だ。

簿記試験を受けるにあたって特に予備知識は無かったが、1ヶ月、1日3時間で合格可能な難易度の資格だと思う。

完全に余談だが、僕にも趣味のように資格試験を受けていた時期があった。

当時の記録を見てみると、証券外務員2種が30時間。
同じくファイナンシャルプランナー3級が30時間、国家公務員総合職試験の経済職の合格に必要な勉強時間が900時間だった。

Studyplusで勉強時間を記録するのもいいが、日々のメモには「ほぼ日手帳」をおすすめしたい。

手帳は好みがわかれると思うが、とにかく自分の時間の使い方を記録できることが大事だ。

簿記2級の勉強法

簿記2級を受けるために事前に3級を取得する必要はない。
2級からいきなり受けても大丈夫だ。

しかし2級レベルに合格するためには3級レベルの基礎をしっかりと身に付けておく必要があるため、流し読みでもいいから3級のテキストはやっておいた方がいいだろう。

簿記2級は本気でやれば必ず合格できる。
時間が十分にある学生であれば試験がある月か、あるいは前月から始めたとしても合格できるだろうし、社会人でも3ヶ月前からコツコツと勉強すれば余裕を持って合格できる。

とはいえ、あまりナメた態度でいるとあっさりと落ちてしまうので、一刻も早く勉強を始めよう。

勉強の順番

簿記の勉強は以下の順番で進めていく。

  1. 簿記3級レベルの教科書を理解する
  2. 簿記2級レベルの教科書を理解する
  3. 簿記2級の過去問を理解する
  4. 余裕があれば簿記2級の問題集を1冊こなす

過去問までやれば合格点には十分届くが、問題集までやっておけば盤石といえる。

簿記2級取得のためにおすすめの参考書・問題集

簿記2級の前提として、3級レベルの知識は理解しておく必要がある。
試験を受けなくてもいいから、テキストは2〜3回流し読みしておくべきだ。

テキストは「サクッとうかる」「パブロフ流」「スッキリわかる」の3種類から相性が良いものを選ぶ。
決められない場合は「サクッとうかる」でいいだろう。

【簿記3級の基本書】
スッキリわかる 日商簿記3級 第9版 [テキスト&問題集] (スッキリわかるシリーズ)

簿記教科書 パブロフ流でみんな合格 日商簿記3級 テキスト&問題集 第4版

サクッとうかる日商3級 テキスト

簿記3級に合格したい場合はテキストだけでなく問題集もやるべきだが、我々の目標はあくまで「2級」である。
3級に関してはテキストを読んで理解するだけでいい。

簿記2級の勉強に入るにあたって、「パブロフ流」と「滝澤ななみ」シリーズを各種揃えておく。
テキストはパブロフを3回、滝澤を3回読めば十分だ。

【パブロフ流 簿記教科書】
簿記教科書 パブロフ流でみんな合格 日商簿記2級 商業簿記 テキスト&問題集 第5版

簿記教科書 パブロフ流でみんな合格 日商簿記2級 工業簿記 テキスト&問題集 第3版

【滝澤ななみの「スッキリわかる」シリーズ】
スッキリわかる 日商簿記2級 商業簿記 第11版 [テキスト&問題集] (スッキリわかるシリーズ)

スッキリわかる 日商簿記2級 工業簿記 第8版 [テキスト&問題集] (スッキリわかるシリーズ)

上記のテキストを読み込んで、簿記の考え方を理解する。
実際に手を動かして仕分けしたり、決算書を作ってみるといい。

手を動かさないと理解も進まないだろう。

上記のテキストを2〜3周すると、過去問を解くための基盤ができあがる。
あとは過去問を5回分ほど解いて覚えて理解すれば、十分に合格域に達するだろう。

【おすすめ過去集】
スッキリとける 日商簿記2級 過去+予想問題集 2019年度 (スッキリわかるシリーズ)

「過去問を解く」と一言で言っても、人によって到達点が異なってくるだろう。
人によって「解く」の定義が全く違うからだ。

「過去問を解く」というのは、「問題をやって答えを見て終わり」という意味ではない。

問題をやって、答えを見て、答えを理解する。
その上で、もう一度問題をやったときに瞬時に解き方が頭に浮かび、回答を再現できる状態にする。
回答を再現できる状態で復習を3回繰り返し、本番でも一瞬で解法が頭に浮かぶようにする。

このレベルまでやらなければ意味がない。
落ちる人はだいたい復習不足なのだ。最低3回は繰り返さないと何も覚えられないだろう。
できれば5回は復習したいところだ。

最後に問題集を紹介する。
ここまでマスターしたら絶対とは言わないが、99.9%合格できる。

【おすすめ問題集】
簿記教科書 パブロフ流でみんな合格 日商簿記2級 商業簿記 総仕上げ問題集 第4版

絶対に落ちたくない。
必ず合格を掴みたい、という人はここまでやってもいい。

だいたいの人は過去問までで合格可能なはずだが、問題集までやっておけば盤石だろう。

簿記3級を取得するための勉強方法はこちら
独学で簿記3級に合格するための勉強方法

1 Comment

現在コメントは受け付けておりません。