感謝のプログラミング 10000時間

たどり着いた結果(さき)は、感謝でした。

Googleが提唱する"スマートクリエイティブ"な社員とは、どんな人材か。

<スポンサーリンク>

「How Google Works」という本を読んでいます。


How Google Works (ハウ・グーグル・ワークス)  ―私たちの働き方とマネジメント

How Google Works (ハウ・グーグル・ワークス) ―私たちの働き方とマネジメント

  • 作者: エリック・シュミット,ジョナサン・ローゼンバーグ,アラン・イーグル,ラリー・ペイジ,土方奈美
  • 出版社/メーカー: 日本経済新聞出版社
  • 発売日: 2014/10/09
  • メディア: 単行本
  • この商品を含むブログ (16件) を見る

この本がめちゃくちゃ面白いので、読んだ部分を軽く紹介したいと思います。


  ★  ★


ジョナサン・ローゼンバーグとエリック・シュミットは入社当時、Googleに秩序をもたらそうとしていた。

ジョナサンには豊富なプロダクト開発の経験があり、当初は伝統的なビジネス・プロセスをGoogleに持ち込もうと考えた。

明確に定義されたフェーズを目標があり、経営幹部が様々なレビューを通じてプロジェクトの進捗を管理する。
プロジェクトが会社の意思決定のピラミッドを上がっていくようにデザインされている。


ウォーターフォール型のV字工程のようなものだろうか。


ジョナサンがラリー・ペイジに従来のアプローチ方法をまとめ、プロダクト計画を提出したとき、ジョナサンはペイジに褒められると思っていた。
しかし、そんなことにはならなかった。

「そのアプローチを使って、計画を超えるプロダクトを仕上げた部下はいるのか?」

エンジニアの手足を縛るな、とペイジは言う。

「エンジニアのところに行って、話してみろよ」


優秀なエンジニアをできるだけたくさん採用し、最大限の自由と権限を与えるのがGoogleの信念だった。
規定の事業計画に従うのではなく、優秀なエンジニアの邪魔にならないようにする。

"大人による監視"など持ち込んではいけない。

最高のエンジニアが自由な発想で、最高のサービスを生み出せば、お金は後からついてくる。
これがGoogleの原則だ。

劇的に優れたプロダクトを生み出すのに必要なのは、巨大な組織ではなく、数えきれないほどの試行錯誤を繰り返すことだ。
スピードこそが重要なのである。
ちなみに、「グーグル・グラス」のプロトタイプはわずか90分で作られたらしい。

「説明はいらないから、見せてくれ」

という要求に見事に応えるものだった。


インターネットの世紀での成功のカギを握る存在が、「スマート・クリエイティブ」であるという。

本ではスマート・クリエイティブな人材がどんな人間なのかについて書かれている。
箇条書きで紹介したい。

  • 高度な専門知識を持っていて、経験値が高い
  • 実行力に優れ、企画するだけではなく、プロトタイプを作る
  • データを意思決定に生かすことができる
  • 競争心が旺盛で、努力を欠かさない
  • ビジネス感覚に優れる
  • 誰よりもユーザ目線で、自らのプロダクトにのめり込む
  • 好奇心旺盛で、常に疑問を抱き、現状に満足しない
  • リスクをいとわず、失敗を恐れない
  • 自発的で、主体性に基づいて行動する
  • あらゆる可能性にオープンで、誰のアイデアかではなく、その質によって物事を判断する
  • 細かい点まで注意が行き届き、集中力を切らさない
  • コミュニケーションが得意である

これだけ見るとマジでスーパーマンかと思うけど、全てのスマートクリエイティブがこれらの特徴全てを兼ね備えているわけではないらしい。

全員に必ず共通するものは、ビジネスセンス、専門知識、クリエイティブなエネルギー、自分で手を動かして業務を遂行しようとする姿勢だという。

上に挙げたスマート・クリエイティブな資質というのは、日々の仕事を行う上での心構えの指針となるかもしれない。
全てを兼ね備えるのは難しいが、それぞれの資質を持てるように、意識して仕事を進める意味はあるだろう。


How Google Works

How Google Works

  • 作者: エリック・シュミット,ジョナサン・ローゼンバーグ,アラン・イーグル,ラリー・ペイジ
  • 出版社/メーカー: 日本経済新聞出版社
  • 発売日: 2014/10/17
  • メディア: Kindle版
  • この商品を含むブログ (6件) を見る