読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

感謝のプログラミング 10000時間

たどり着いた結果(さき)は、感謝でした。

自分でやるか、人に頼むか

<スポンサーリンク>

つらつらと今年の反省を。というか、悶々とした悩みを。

仕事を人に頼むのが苦手です。

自分よりできない人に頼むと、教える手間の方が大きくなることを面倒臭がって、自分でやってしまう。
自分より目上の人なんかに頼むのは、相手の時間を奪ってしまうのが申し訳なくて、遠慮してしまう。

結局、人に振ることができず、自分の仕事が増えていきます。
今はなんとかさばけているけれど、仕事が増えると厳しい。

たとえば新人に簡単過ぎる仕事を頼むと、
「これってつまんない仕事なんじゃないかなー」みたいに考えて、仕事を渡すのをためらったりします。

人を育てるのはけっこう好きなつもりなんですけど。

逆に、難しい技術的な仕事を渡そうとすると、新人の技術レベルだと無限に時間がかかってできないので、それも渡せない感じになっています。

上流工程のSIerの社員は、たぶん、人に仕事を振って、それをマネジメントするのが仕事だという人がほとんどでしょう。

自分的には、30歳を過ぎるまでは、できるだけ自分から手を動かして、手に職をつけたいという思いがありました。

それはけっこう信念のようなものだったんですけど、先輩も後輩も、というか周りのみんなが「人に頼む」姿を見て、若干「おれ、これでいいのかなー」と、自信がなくなっています。笑

SIって、上流工程を担当する社員と、協力会社さんで一緒にシステムを作っていくパターンが多いと思います。

社員が仕様を決めて、実作業は協力会社さんがやるみたいな。

長いことSIの中にいて思ったのは、上流にいる社員が技術的なことに挑戦していないと、その社員の発想を超えるものは生まれにくいということです。

つまり、「どんな技術を使うか」とか、「どんな設計でいくか」というのを決める立場の人に優れた技術力が備わっていないと、
結局は前例踏襲で、古い技術のまま、リニューアルしたつもりでも何も変わらない、みたいなことが繰り返されていくんじゃないかと思っています。

もちろん、新しいものが全て正しいとは限りません。
価値は、お客さんが決めるものです。

でも、技術はどんどん進化して、より人間に優しく、使いやすくなっていっているのも事実です。

新しい技術を使うことができれば、もっと良いもの、お客さんの想像を超えるものを提供できるかもしれません。

自分はできれば、技術のことをちゃんとわかるSI社員になろうと、なりたいと思っていました。

でも、今のままじゃ全部中途半端になってしまうなぁと悩んでいます。


ある仕事があったとして、マネージャーからそれを振られたとします。

自分の場合はまず「どうやって(自分で)それを解決するか」から入ってしまいます。

まっすぐにSIで育った後輩とかは「誰にそれを頼むか」から入ります。

協力会社さんに仕事を振るんですね。そして、計画を立てて、進捗を管理する。

やっぱり組織としては、後者が正しいんですよねー。
とはいえ、手を動かしていたいという気持ちを捨てられず。


なんでもかんでも自分でやってたら仕事が回らなくなるのは事実で、
月あたりの単価を意識して仕事をしていかなけれいけないんですけど、それって本当に"俺が"やる仕事なんだろうか?

上で「俺が」って強調したのは、標準化された仕事で、組織としてはすごく効率がいいんだけれど、それが「俺」である必要ってあるんだろうか?
なんていう、組織人としてはいけない悩み。

前の職場で、その人しか生み出せないような、素晴らしい技術を生み出す人を見て、そういう人になりたかった。


そして、コードを書いている時の夢中になって楽しい気持ちはきっと、本物だと思ってる。

全ての仕事が楽しい仕事である必要はないけれど、ワクワクできることを仕事にできたら素敵だなぁと思ってもいる。

俺はマネジメントしている時、本当にワクワクしているんだろうか?

もちろん、大きな工数がかかる仕事を、みんなで作り上げていくのも素晴らしい仕事だと思う。

それでも時々、浮かんでくるのが、

「自分の気持ちに嘘をついてる?」

という言葉。

来年はもうちょっと進路を変えて、プレイングマネージャー的な位置付けを目指して努力していこうかと思っている。

技術もちゃんと学んでから楽しくなった。

マネジメントも、もっともっと学べば絶対楽しくなるはず。

もっとやれることはたくさんあるし、チームを良くする仕事も、きっと楽しい。

でも、やっぱり手を動かしたいなー。

なんて迷いつつ、正月はひとまず、勉強を頑張りたいです。

ひ今の与えられた仕事を全力でこなして、家では技術の研鑽を怠らないように、準備していこうと思っています。


それでは、まとまりのない文章になりましたが、今年はありがとうございました。