読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

感謝のプログラミング 10000時間

たどり着いた結果(さき)は、感謝でした。

通勤時間を無駄にしないために、Kindle Whitepaperを買ってみた!

感想文
<スポンサーリンク>

通勤時間は積み重なると馬鹿にならず、無駄にするともったいない。
電車に乗るときはいつも本を持っていったんですが、そこには2つほど問題がありました。

一点目は、なんだかんだ「本は重い」ということ。
二点目は、「何を持っていけばいいか一瞬迷う」ということです。

荷物はできるだけ軽くしたほうが負担が減るのですが、本はやっぱり重い。
特に技術書なんて、修行しにいくような重さになります。
二冊持とうものなら、通勤中にカバンを背負った肩が痛くなってしまいます。

それなら、スマホを見ていたほうがいい。

また、本棚を見渡して、何を持って行こうと考える時間も無駄です。
持って行っても読まないこともなるし、持っていった本と違う本が読みたくなることもある。

だから俺は、外出のお供の決定版が欲しかったんです。
これだけ持っていけばいいよっていえる。

そこで目をつけたのがKindle。

今までは、Kindle Fireというちょっと大きめのカラーのKindleを家で使っていました。
こいつを外に持って行くこともあったんですが、いかんせんとても重い。
持つと地味に荷物になる。しかも3Gがついてないから、Wi-Fi環境じゃないと書籍をダウンロード出来ない。
これも嫌なことでした。

で、外でも気軽に電子書籍を買えて、重くなく、片手で持てるもの、ということで、Kindle WhitePaperの3Gを買いました。

最初は白黒で微妙かと思っていましたが、そもそも書籍はほとんど白黒だし、別に色がないのはどうでもいいと思えるようになりました。

買ってみたら、これは本当にいい!

何がいいって、とにかく軽い。
iPad Airより軽いんじゃないかっていう。

片手で持てて、片手でページめくりができること。
これが意外と、通勤では大事。

Kidle Fireでは片手で持ったら落としてしまうけど、Kindle PaperWhiteなら片手で余裕で持てる。

あと、なんだかんだ、3Gがついていた方がいいです。
なぜかって、いちいちWi-Fiにつなぐのが面倒だからです。

一回設定すれば簡単かもしれませんが、家の無線環境は微妙だし、外でつなぐのもそう都合よくWi-Fiスポットがあったりもしない。
なので、最初にちょっと多めにお金を払って、3Gつきのやつを買うのが良いと思います。俺はそれですごく便利だと思いながら使ってます。

Kindleは毎月3G回線のお金を払うわけではなくて、買うときに3G付きのやつを買えば、あとはAmazonが代わりにずっと通信料を払ってくれます。
電子書籍を落とすくらいだったら3G回線でなんの問題もありません。

ここまで色々と書いてきましたが、通勤時間を効率的に使ったりとか、お出かけするときの飛行機の中(上空だと大丈夫だよね?)とかで何かを読みたいときに、Kindle Paperwhiteはものすごく便利だと思いました。


Kindle Paperwhite

Kindle Paperwhite