感謝のプログラミング 10000時間

たどり着いた結果(さき)は、感謝でした。

カフェインに冒された俺の身体。それでも!やっぱり飲みたくなる「カルディ」を紹介してみる。

<スポンサーリンク>

朝オフィスに向かう途中、コンビニでパンとレッドブルを買うのが俺の習慣だ。
もう2年以上レッドブルを飲み続けている俺の身体からは、既に翼が生え始めているのかもしれない。


オフィスの自席につくと、メールをチェックしながらパンとレッドブルを口にする。

レッドブルを飲み終えたら、オフィスの自販機でワンダ・モーニングショットを購入。

甘いコーヒーを脳に染み渡らせる。

昼休みにランチに出て、オフィスに戻る前に必ず購入するのが、セブンのドリップコーヒーだ。
昼過ぎに眠くならないように、コーヒーを昼休み明けには必ずコーヒーを飲むようにしている。

夕方に自販機でオロナミンCを購入し、夜まで仕事をして、帰路につく。

そして、家に帰った後は、KALDIのドリップコーヒーを作り、目を覚まして勉強をして、夜中に寝るような生活だ。

レッドブルはいつしか、全く効かなくなった。
コーヒーは目を覚ますというか、美味しさを楽しむために飲むようになった。

冷静に振り返ったのは今日が初めてなんだけど、カフェインを一日500mlくらい摂取しているような気がする。
とはいえ、うまいコーヒーはやめられない。
美味しいんだもん。


そんなコーヒー漬けの俺だが、

とりわけ、

「うまい!」

と幸せを感じるのは、家で作るKALDIのドリップコーヒーである。


今日は俺流(?)の、美味しいKALDIの作り方を紹介したい。


まず、これ。


f:id:sho322:20140929215447j:plain


牛乳である。
計量カップで測って、200ml。

200mlの牛乳を、電子レンジで1分ちょっと温める。
すると、簡単にいい感じのホットミルクが出来上がる。


次に、カルディのパックをマグカップにかぶせて・・・



f:id:sho322:20140929215639j:plain



ここで!温めた牛乳を注ぐ!


あえてお湯ではなく、牛乳を淹れる!

これがポイントだ。


f:id:sho322:20140929213122j:plain


トポトポトポ・・・


f:id:sho322:20140929213123j:plain


パックから染みていく牛乳。

いまちょっと調べたら、これはコーヒーというか、カフェオレというらしい。


じゃーん、できた!

誇らしげに並ぶカルディ。


f:id:sho322:20140929213136j:plain


これがね、うまいんですよ!


「牛乳を注ぐ」というのは、けっこう周りの人に

「意味わかんない」

と言われがちだったんだけど、俺的にはもう牛乳以外には考えられない。


ちなみに、前に豆乳を試したことがあったんだけど、これは本気でまずかった。

KALDI × ホットミルク

俺の周りの人はあまりやらないみたいだけど、地味にホント美味しいので、ブログで紹介してみました。

カルディ好きな人は試しにやってみてほしいなぁと思います。


カフェカルディ ドリップコーヒー マイルドカルディ 10g×10P

カフェカルディ ドリップコーヒー マイルドカルディ 10g×10P