読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

感謝のプログラミング 10000時間

たどり着いた結果(さき)は、感謝でした。

「Amazon Web Services 基礎からのネットワーク&サーバ構築」を読んだ感想を一言で言うと、「最高の研修を2,700円で受けるようなもの」

<スポンサーリンク>

連休中に、
「Amazon Web Services 基礎からのネットワーク&サーバ構築」
という本を通して読みました。

Amazon Web Services 基礎からのネットワーク&サーバー構築

Amazon Web Services 基礎からのネットワーク&サーバー構築

「さわって学ぶクラウドインフラ」という副題の通り、実際にAWS上にサーバを構築しながらインフラ構築の仕組みを学んでいきます。

「AWSに環境を作る」というと、余分な費用がかかるんじゃないか、と思う人もいるかもしれません。
でも、僕が実際に本の通りにWebサーバ、DBサーバ、NATサーバそれぞれ構築して、WordPressをインストールして動かしてやっても、合計で1.1ドルしかかかりませんでした。

実際に手を動かして、挙動を確認しながら進めて行けるので、理解が深まりやすいです。
昔、「TCP/IP」とかいう有名な本を通して読んだことがあったんですが、本だけで理論を学んでも全然頭に入ってきません。

やっぱり、実際に手を動かして、モノを見て、試さないと何も身に付かないと思います。

さて、とはいえ、実例だけ示されても、理論がおざなりになるかもしれません。
この本のいいところは、理論もちゃんと説明してくれるところです。

ネットワークの仕組みについて「なぜこうなるのか」という説明をした上で、実例を見せてくれます。
まるで、良質な研修を受けてるみたいに。


AWSを操作するときも、細かな手順を全く手抜きすることなく、図解付きで解説してくれるので、迷うことがないのも良かったです。

「実際に作った」という経験があれば、現場でも活かすことができます。

自分はこれまでもAWSを触ったことはありますが、この本を入門書にすれば、AWSの理解ももっと楽に進んだんだろうなぁと思います。
「パーフェクトJava」を読んでからJavaの理解がものすごく深まったみたいに。

会社に入って、色んな研修を受けてきました。
その研修は、講師がパワポを使って解説して、その後実際に手を動かしてやってみる、というものが多かったです。

その多くは、実に退屈で眠気を誘うものでした。
そして、研修業者はクソみたいにボッタクリなので、たった一週間の研修で10万とか平気で取られます。

つまらない研修を、会社の決まりだからといって、

「意味もねぇよー」

と思いながら受けたりするわけです。

で、今回勉強していて思ったんですが、この「Amazon Web Services 基礎からのネットワーク&サーバ構築」という本は、

研修でやるような内容を、

研修の10倍の濃度の学習を、
研修の5倍のスピードと、
研修の50分の1の価格で、

学習することができるわけです。

いや、「AWSの研修」って意味じゃないですよ。
研修みたいに、理屈を学んで、手を動かして、実際に何かを作るという工程を、本で学ぶことができるということ。

だから、研修なんて外部に頼む必要なんてないんですよ。
研修でしか学べないことなんて見たことないわ。

本を渡して、勉強させたほうがよっぽど安上がりだし、早いし、理解が進む。

でも、なんでそれをやらないかというと、皆、勉強嫌いだからなんだよねw
あと、人材育成を担当する部署の人自体が勉強不足かつ考慮不足だから、新しいスタイルを提案できない。

とりあえず良さそうな研修やらしとけばいいでしょってなってる。

マジで、良書を一冊通して学ぶのって、研修より全然意味があるよー。

最後は研修の愚痴みたいになっちゃったけど、この本は素晴らしい出来でした。
ありがとう。

もう一回貼っとく。

Amazon Web Services 基礎からのネットワーク&サーバー構築

Amazon Web Services 基礎からのネットワーク&サーバー構築

次は、クラウドデザインパターン実装ガイドを読んでみます。