感謝のプログラミング 10000時間

たどり着いた結果(さき)は、感謝でした。

ブログを2年間やってきたので、アクセスを増やす方法をまとめてみる

スポンサーリンク

このブログが以前17万PVくらいあったことについて、id:horohoropainさんから、コメントをいただきました。

どうしたらそんなにもアクセス数がふえるのですか?私は教えまくっても1000にもいきません。

こちらですが、俺が2年くらいブログをやってきて、考えてきたことや実際にやってきたことを書いてみたいと思います。
もちろんもっとアクセス数がある人はたくさんいるわけで、俺のやり方が正しいとは限りません。


ブログには大きく分けて、3パターンくらいあります。

  • 読ませるエッセイみたいなブログ
  • 情報を載せて検索にヒットさせるタイプのブログ
  • 煽る系のブログ

「読ませるタイプのブログ」で思い浮かぶのは、はてなで言うと、ちきりんさんのブログや、加藤はいねさんのブログ星井七億さんのブログなどです。

構成を考えて、読者が読んでて「面白い」と思える記事を書きます。
文章力が高く、うまいこと言ってクスッと笑わせたり、今までになかった視点を提供してくれるブログが多いです。

自分もこのタイプのブログを運営したことがあるのですが、読ませる系のブログは訪問者あたりのページビュー数が高くなる傾向にあります。訪問あたりのページビューが2.5~3くらいになったりも。

見ている限りだと、このタイプのブログでPV50万超になると、書籍化のオファーが来たりするようです。
脱社畜ブログとかもそうですね。

ただ、書くのに時間がかかるので、相当の情熱が必要です。


次に、情報を発信するタイプのブログ。

俺は社会人になって時間がなかったし、ブログに時間を使うのであれば、本業に役に立つものにしたかった。
だから、俺はこのタイプのブログを目指しました。

具体的にはプログラミングの勉強をしたことを、自分なりの言葉に直して発信してきました。

ネットで成功しているのは〈やめない人たち〉である」という本もありますが、アクセス数を増やすために一番大事なことは、継続することだと思います。

俺は、継続するためには「自分のためになっている」という実感がないとダメだと思ったので、「自分が好きなプログラミングについて、勉強がてら情報発信していこう」とブログを作った時に決めました。

ただ、途中から読者が増えてきたため、いつも見に来てくれる読者さんのために、何か自分のことを発信しようと、「読ませるタイプ」 の記事として「雑談」カテゴリの記事を書くことにしたんですけどね(笑)

見に来てくれる人、今でもいるのかなぁ。

情報発信系の記事と、読ませる系の記事を織り交ぜてブログを作るのもアリだと思います。

情報発信系のブログでは、検索からの流入が50%を越えるという特徴があります。
「感謝のプログラミング」では検索流入が70%くらいありました。

1訪問あたりのPVは読ませる系よりも少なく、1.3~1.4あたりに落ち着いていました。

俺はプログラミングの情報を中心に添えましたが、「プログラミング」っていうのは所詮は社会全体で見ると一部の人しか検索しないものなので、本当にアクセス数を稼ぎたい場合はもっと広く一般の人が検索する「ビッグワード」を狙う必要がありそうです。

どう考えても、「javascript xml 読み込み」なんかで検索する人よりも、「嵐 新曲」で検索する人の方が多いわけで。
ドラマの感想とかもかなりの流入があるかも。

みんな、感想を分かち合いたいもんね。

まつたけさんという月間30万PV以上あるはてなブロガーがいるのですが、たしかドラマの感想記事を長文で書いて、人気でした。Google Keyword Plannerなんかを使う人もいるみたいです。

本気で検索狙いなら、タイトルを「検索する人の気持ちを考えて」つけるのがちょっとしたコツだと思います。
タイトルにキーワードを入れるって意味です。


最後に、煽る系のブログですが、これはブログを炎上させてアクセスを稼ぐタイプのブログです。

これは精神的に良くないです。

俺はできるだけタイトルは淡々と控えめに付けるように気をつけているんですが、ちょっと筆が乗ってしまうと、「人がカチンと来るような」タイトルを付けてしまいます。

そうすると、けっこう炎上します(笑)

はてなブックマーク契機でブログが拡散し、たくさんのアクセスが集まります。

通知がひっきりなしに来て、Twitterでエゴ・サーチすると色んな人に言及されてたりします。

ブログを始めて2ヶ月目くらいでまなめはうすがきっかけになって記事がメチャクチャ拡散したことがあったんですが、その時は心臓が常にバクバクして、気が気じゃなくなりました。

まぁ、だんだん慣れてくるんだけど。


炎上によるアクセス増は一過性の場合は多いので、次から次へと炎上させる必要があります。
そのためにはタイトルで煽るのが効果的です。


たとえば、この記事のタイトルの場合は、

「初心者ブロガー必見!アクセス数を劇的に増やす3つの方法」

とか、

「ブロガーに告ぐ!ネット初心者達よ!君たちは炎上を恐れるな!」

みたいにすればいいですね。

ポイントは2つ。
タイトルに数字を入れるか、カチンと来るタイトルにするか。

俺はどっちもあんまり好きじゃないのでやりません(笑)

一回炎上すると、次も見に来ようとする人が何人か残るので、その後のアクセス数は増えます。

SEO的にも少し強くなるので、検索順位も向上することが多いですが、それと引き換えに失うものも多いです。
継続できなきゃ意味がないので、精神的にキツイことはやらないのが一番です。


そもそも俺がアドバイスできることなんてほとんどないんですけど、パインあめさん(id:horohoropain)はたくさん趣味があるみたいで羨ましいです。

俺ももっと趣味があれば、ブログにも色々書けるんだけどなー。