読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

感謝のプログラミング 10000時間

たどり着いた結果(さき)は、感謝でした。

Googleからのアクセスが10分の1になってホロリ涙がこぼれる

<スポンサーリンク>

2014年6月28日から、ブログのアクセス数が激減した。
Googleからのアクセス流入がほとんどだったんだけど、その数、なんと10分の1に。

f:id:sho322:20140705214519j:plain
f:id:sho322:20140705214652j:plain


流入元のほとんどは、このブログをブックマークしてくれているありがたい読者の方になった(ありがとうね)


検索結果に全く何も表示されないわけではないため、恐怖のGoogle八分になったわけではないようだ。

要は、既存の記事の検索順位が著しく下がっただけなのである。

1000以上ある記事のほぼ全てで順位が落ちているということは、サイトそのものの評価が下がったと言っていい。
この「programming-10000.hatenadiary.jp」というURLへの評価が下がった、ということだ。


さて、こういう事態に陥ったとき、やることは色々とある。
まずはウェブマスターツールを見て、おかしなことになっていないかチェックする。

検索トラフィックのグラフが見事に急降下しているのを見ると、悲しくなってくる。

不自然なリンクを貼られていないか。
HTMLの構造がおかしいと判定されていないか。
Googleの規約に違反していないか。

色々と調べても問題がないことがわかったら、次に、サイトの表示を遅くする原因となりそうなZenbackやLinkWithinなどをコメントアウトした。

それでしばらく待てども、今のところ全く効果はない。

実は過去にも同じように検索トラフィックが激減したことはあった。

一度目は去年の10月くらいで、そのときは、はてなダイアリーからはてなブログに移転したことをきっかけに、URLが変更となって、サイトへの検索流入は元に戻ったように見えた。
もしかしたら、自然回復していたのかもしれないが、今となってはわからない。

二度目は、今年の5月のGW前だ。
検索流入がガッツリ減ったが、一週間くらいで復活した。

f:id:sho322:20140705214641j:plain

GWはけっこう楽しく遊んでいたので、あまり気にもならなかったけど、こういうアクセスの激減は、あまり精神上よろしくない。

アクセス数のためにやってるわけじゃない

なんてことを思っていたけれど、それは順調にアクセスが伸びて、検索結果に自分がアウトプットした結果が出てきたときだからこそ言えたのかもしれない。
Googleに無視された今は、やっぱりアクセス数が恋しい気持ちになっている。

いつだって、大事なものは失って初めて気づくものなのだ。


このブログはプログラミングのTipsみたいのが多くあるので、競合となるブログやWebサービスが非常に多い。
Qiitaとか、検索結果でおなじみのTatsuo Ikura氏、海外だとStackOverFlowとか、韓国人みたいな人がやってるサイトとかがたくさんあって、レッドオーシャンもいいところだ。


Googleはオリジナルコンテンツを好む

というのは色んな所でよく言われていることなんだけど、本当の意味でオリジナルにするには、プログラミングのTipsを書いていてはダメだと思う。

まぁ、自分の勉強のために始めたブログだから、プログラミングのことを書かないのは本末転倒もいいとこなんだけど。

それで、ふと思ったのは、もし「ブログでお金を稼ごう」とか、「プロブロガーになろう」って人がいるなら、一つのサイトに収益を偏らせるのってすごく危険なことなんじゃないのかな、ということ。

だいたいWebで成功している人は、

「リソースは集中しろ」

「コンテンツを一つの固めろ」

と言うんだけど、自分の頭で考えた結果、それは実に危ういことだと思う。
ブラックSEO攻撃されることだってあるんだし、ブログプロバイダが倒産することだってある。

卵を一つのカゴに盛るべきではないのである。

というか、ブログなどのWebサイトのみに収入を偏らせるのも危ういんじゃないかって思う。
要は、もしフリーランスとかになるんだったら、「ブログだけで食うプロブロガー」っていうよりも、色んな収益源を持ったほうが、全体としての収益は安定するよねって話。


あと、「○○する方法」について書くと、それは他の人も書ける話だから、「○○について、私はこう思った」という形で書くとオリジナリティが出るものだと思う。

これからは、自分もそういう記事を増やしたい。


とりあえず、うまくいってるときよりも、うまくいかないときっていうの逆に転機になりうるので、前向きに捉えていこうと思っている。
WordPressでWebサイトを作ってみたり、ドメイン取ってみたり、色々試していて、それが意外と勉強になるし、楽しい。

これも、いい経験だ。