読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

感謝のプログラミング 10000時間

たどり着いた結果(さき)は、感謝でした。

リポジトリの作成や、ローカルリポジトリの変更pushなど

<スポンサーリンク>

もう何度目か忘れたけど、またさくらVPSを契約したので、Gitリポジトリを作ってみました(いまさら・・・)
やったことをメモしておきます。


・CentOSにGitをインストールする

sudo yum install git
Loaded plugins: fastestmirror, security
Loading mirror speeds from cached hostfile
 * base: ftp.jaist.ac.jp
 * epel: ftp.kddilabs.jp
 * extras: ftp.jaist.ac.jp
 * updates: ftp.jaist.ac.jp
Setting up Install Process
Package git-1.7.1-3.el6_4.1.x86_64 already installed and latest version
Nothing to do


さくらVPSにはすでにgitがインストールされていました。

# git --version
git version 1.7.1


・リポジトリ用のディレクトリを作成する

$ mkdir git-repo
$ cd git-repo/
$ git init --bare --shared

・--bare
ベアリポジトリは作業ディレクトリを持たないリポジトリで、外部に公開し作業を中継するリポジトリとして使う。

・--share
リポジトリを他のユーザーと共有する場合に利用する


・ローカルリポジトリを作成する

git init
git add .
git commit

・リモートリポジトリを登録する

git remote add origin ssh://user@ドメインとかIPアドレス/home/somedir/git-repo(ディレクトリ名)

・Gitリポジトリに変更を送信する

git push ssh://user@ドメインとかIPアドレス/home/somedir/git-repo master

上記の手順でGitリポジトリに登録すれば、別のフォルダを作っても

git clone ssh://user@ドメインとかIPアドレス/home/somedir/git-repo

でリポジトリのcloneを作成することができます。


社内でGitHubのようなものを手軽に使いたいときは、gitbucketが便利かと思います。

gitbucket.warをダウンロードして、

java -jar gitbucket.war

とコマンドを打つだけで使うことができます。
GitHubのようなUIが魅力です。

・gitbucket
https://github.com/takezoe/gitbucket/releases

Gitを勉強できるサイト

実践GitHubで紹介されていたサイトです。
つまらない会議中とかにやりたいな(笑)

・LearnGitBranching
http://k.swd.cc/learnGitBranching-ja/

・Pro Git
http://progit-ja.github.io/

・Code School
https://try.github.io/levels/1/challenges/1

GitHubの機能メモ

・キーボードショートカットを確認する
[Shift] + [/]

・Gist
サンプルコードなどの置き場所。
ここに書いたものは、他の人と共有することができる。
Gitリポジトリとして管理されているため、Gistをcloneで手元に取得することもできる。

Gistを公開したら、左側のEmbed this gistのコードをブログなどに埋め込めば、シンタックスハイライトがかかったソースコードを記事に埋め込むことができる。

・News Feed
FollowしているユーザやWatchしているプロジェクトの活動情報が流れてくる。

・WatchとStarの違い
Watchするとリポジトリに関する情報がNotificationsにひょうじされるので、リポジトリの内容を追っていくことができる。
一方、Starはブックマークのようなもので、後で自分がStarを付けたリストからリポジトリを探したりできる。

・Issues
バグの報告、機能の追加、方向性の議論に使われ、それらをIssueとして管理する。

・Pulse
このリポジトリにおける最近の活動情報を一括して表示する。

・Pull Request
Pull Requestは、自分で変更したコードを相手のリポジトリに取り込んでもらうよう依頼するための機能のこと。