感謝のプログラミング 10000時間

たどり着いた結果(さき)は、感謝でした。

「心身のエナジーを上げる秘伝」を読んだ感想

スポンサーリンク

「え・・・これで・・・終わり?」

この本を読んだ感想だった。

ブログの記事1つ分よりも短いのではないだろうか。
Twitterでフォローしている@DragonLimitさん。
Twitterでけっこういいことを言うから、期待して買ったのだけれど、ちょっと短すぎる。
これしかないの!?とガッカリする。
例えるなら、ソーダ味で買ったはずのガリガリ君がコーンポタージュ味だったような。
そんなガッカリ感だった。

300円というのは新書の3分の1の値段だが、内容は新書の30分の1だろう。分量というか。

ただし、この「心身のエナジーを上げる秘伝」というのは、たったひとつのことしか書かれていないのだけれど、これを実践してみてからこの本の評価をくだす必要がある。

分量的には間違いなく★1つで、どんなに贔屓目に見てもボッタクリだ。

しかし、この本に書いてある「たったひとつの秘伝」。
読んだだけでは眉唾だったが、これが本当に効いた場合は、★3つか4つでもよいと思う。

ちょっと実践してみて、追記する。
もしかしたら、「たったひとつの秘伝」があって、それは本当の秘伝で、ブログには書けないのだとしたら・・・、
このKindleにも意味はあるのだろう。

しっかし・・・、これだけの量のテキストを300円で出版して、お金を稼ぐってある意味すげーわ。
有料メルマガの方が全然読み応えある。

みんなブログの記事に値段つけてKindleで販売したらいいんじゃないかなー。

Amazonのレビューも全く内容がない記載が。
これはさすがに自演か関係者(身内)でしょー。

地球上、多くの生命体のエネルギー源は太陽であり、太陽光が亡くなればその生命体は滅ぶ。この本によって太陽光を上手く使いこなし、多くの人が活気ある生活を手に入れて欲しいと願う。書かれていることはオカルトでも何でもない、既に現代人はインターネットや携帯の電波等、目に見えない力に頼って生きている。いわんや太陽をや。

こっちも。

世の中には億千万の本がある。これと似た内容もあるだろう。しかし、この書の価値は、信頼性にある。選択肢の多い時代に、真実に近づけること、これが重要。

だって、このレビューはさすがに内容なさすぎじゃん。
ファンだったらもっと中身のあるレビュー書くだろうし。
ダメならもっとダメ出しするはずだし。

心身のエナジーを上げる秘伝