感謝のプログラミング 10000時間

たどり着いた結果(さき)は、感謝でした。

IMAXでアメイジング・スパイダーマン2観てきたけど、すごすぎて鼻血出た。

<スポンサーリンク>

Amazing(素晴らしい)と言うにふさわしい映画だった。
アメイジング・スパイダーマンの中でも、特に素晴らしいのが映像だ。

IMAX映画の迫力はこれまでに観たことのない臨場感であり、映画の中に入り込んだような気分になった。
3Dで敵が襲いかかってくるシーンでは思わず身体を動かして避けてしまったくらいだ(笑)

IMAXは東京だと、109シネマズ木場や、109シネマズ川崎などで観ることができるようだ。
http://ja.wikipedia.org/wiki/IMAX

アメイジング・スパイダーマン1との大きな違いは、カメラワークだろう。
「1」ではスパイダーマンを「外から」俯瞰して撮っているようなカメラワークだったんだけど、「2」では「スパイダーマンの目線」でカメラが動いている。
まるで自分がスパイダーマンになったかのような、映画の中にいるような、そんな気分になれる。
臨場感があって、全然飽きない。

ストーリーはけっこうアメリカン・ヒーローにありがちで、正直ベタな展開だ。
恋をして、敵が現れて、倒す。
ありがちな展開だ。

それでも、あのただただ宇宙をさまよってるだけで退屈な「ゼロ・グラビティ」よりは全然面白かったし、とにかく3Dでの戦闘シーンが圧倒的な迫力だった。
スパイダーマンがビルとビルの間をすり抜けていくシーンも、ジェットコースターに乗っているかのような気分になれた。
もしかしたら、映像に酔ってしまう人もいるかもしれない。


最近では「アナと雪の女王」というディズニー映画もヒットした。
この「アナと雪の女王」もありがちなストーリーで、ストーリー自体に目新しさはなかった。
しかし、ミュージカル的な音楽と、映像の美しさが視聴者の心を捉え、観に行った人の多くは満足して帰っているように思える。

僕自身もこの無難な映画をデートに使ってうまいこといった。

これからヒットする映画は「ストーリーよりも映像で魅せる」タイプの映画であると思っている。

というのも、昨今の映像技術の発展は凄まじく、難しく複雑な伏線が散りばめられたストーリーで感動させなくても、視聴者が映像に「入り込む」ことで十分にエンターテイメントとして成立するからだ。
ディズニーランドのエレクトリカルパレードを楽しむみたいに、美しい映画の世界の"体験"を楽しむようになるだろう。


そして、映像の進化の行き着く先を考えると、やはり最終的にはGoogleグラスのようなウェアラブルに行き着くと思っている。
いつかの未来には、わざわざ映画館に行くまでもなく、彼女とソファにでも座りながら、目にはGoogleグラス、耳にはヘッドフォンで映画を楽しめるようになるんじゃないかな。

Googleがいつか、Googleグラスを通じて俺達の脳細胞をハッキングして、映画の世界に入り込める未来が来てくれることを密かに楽しみにしている。

アメイジング・スパイダーマン [Blu-ray]

アメイジング・スパイダーマン [Blu-ray]