感謝のプログラミング 10000時間

たどり着いた結果(さき)は、感謝でした。

1日10ページの積み重ね

スポンサーリンク

最近けっこうリア充で、色々と予定が入ってまとまった勉強時間が取れていない。
それはそれで幸せなことなんだけど、家での勉強なんかには支障が出てしまう。

前は60分はJavaScriptの勉強をして、次の60分はRubyの勉強をしよう、みたいに計画を立てていたんだけど、予定があるとそうもいかない。
自分が確保できる時間と、その時間の制約の中で、決められた量をこなさなければならない。

たとえば、今ならだいたい帰宅して、予定などを踏まえても、一日100分はなんとか机に向かう時間を確保できる。
その100分の間で、自分ができる量を設定し、コツコツ毎日続けていくべきだと思った。

タイトルにある1日10ページの積み重ね、というのは、一日10ページでも本を読んでいけば、一ヶ月で300ページ。
1日10ページを5冊読めば、300ページの本を月に5冊は読み通すことができる。

高校生なんかだと、たった一冊の教科書を1年かけて読んでたんだから、それに比べたら大きな進歩だ。
逆に考えると、学校の授業の非効率さたるや、目を覆いたくなるレベルだったんだけど。
独学が一番だよね。

で、100分確保できるとしたら、1ページ1分で読むとして、10分。
10分で10ページ読んで、10分で自分なりにまとめたブログの記事でも書いて、20分で1冊10ページ。
それを5冊で100分。

毎日欠かさず続ければ、月に1500ページ分の知識に「目を通す」ことはできる。
記憶するには復習が必要なんだけど、記憶はGoogleなんかが勝手にやってくれるから、理解することの方がよっぽど大事なんだよね。

社会人はカンニングし放題なんだから、記憶より理解が大事。

というわけで、不意に(本命の)彼女ができたときなんかは、限られた時間で何をするかを考えて時間を使うってのがポイントなのかな、と一人で勝手に納得して、今日もチマチマと勉強している。