感謝のプログラミング 10000時間

たどり着いた結果(さき)は、感謝でした。

ワイヤレス ローカル エリア ネットワーク (WLAN) にDOSコマンドで接続する

スポンサーリンク

こないだ、無線LANルータへの接続がブチブチ切れるみたいな記事を書いたが、接続が切れた後も、PC⇔無線LANルータへの接続を再度やり直せば、うまくネットにつながることが発覚した。

しかし、いちいちGUIでネットワークの接続を「切断」して、「接続」するのも面倒だ。

なので、ちょっとしたバッチファイルを作ってみる。

コマンドプロンプトで、

netsh wlan show plofile

と実行してみよう。

インターフェイス Wi-Fi のプロファイル:

グループ ポリシー プロファイル (読み取り専用)
---------------------------------------------
    <なし>

ユーザー プロファイル
---------------------
    すべてのユーザー プロファイル     : HWD14_Z9099CFFE43N
    すべてのユーザー プロファイル     : iPhone

みたいに表示されるはずだ。

ここの、「HWD14_Z9099CFFE43N」みたいなのが、SSID(識別子)だ。

つなげたいときは、

netsh wlan connect name=HWD14_Z9099CFFE43N

みたいに、SSIDをnameに指定して、上のコマンドを実行すればいい。

逆に切断するときは、

>netsh wlan disconnect
インターフェイス "Wi-Fi" の切断要求が正常に完了しました。

というコマンドを実行する。

さて、それでは、こいつをどう使うかというと、
以下のように書いたファイルを、

netsh wlan disconnect
netsh wlan connect name=HWD14_Z9099CFFE43N

「reconnect.bat」という.batをつけた名前でデスクトップに保存する。

それで、インターネット接続に「制限あり」と出て、ネットに接続できなくなったら、このreconnect.batを実行すればいい。
そうすると、勝手に再接続してくれて、ネットにつながるようになる。つながるようになった。

<参考にしたサイト>
How to connect to a Wireless WIFI Network from the Command line in Windows 7