読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

感謝のプログラミング 10000時間

たどり着いた結果(さき)は、感謝でした。

その気持ちを、「女々しい」とは言わない。

雑談
<スポンサーリンク>

これはけっこう多くの男の人がわかってくれるかな、と思っているですが、
男って一回すごく好きになった女の子は、もうずっと好きなんですよね。

「男は別枠保存、女は上書き保存」とかよく言いますけど、男に関してはマジでその通りでして。

その人と別れた後も、他の彼女ができた後も、一度好きになった人はいつだって特別なんですよね。
ずっと気になるし、ずっと大事。

これはなかなか女の人にはわかってもらえないんですけど、特別だからって、今でもその人を追いかけたいかといったら、そういうわけでもないんです。
いつまでも他の人とは違う、大切な人というか。気になる存在であり続けるというか。

「今」の彼女が好きじゃないかと言ったら、そういうわけじゃないんです。
今の彼女も好き。でも、前の彼女もずっと特別。

これがなかなか理解されない。
こういう態度は、「女々しい」と言われる。

でも、この気持ちは全然「女々しい」わけじゃなくて、男特有の、むしろ「雄々しい(男男しい)」態度だと思います。
なんで前の彼女のこといつまでも引きずるのって?
だって男の子だもん、としか言えない。


逆に、女の子ってびっくりするくらい、昔の男とかどうでもよくなりますよね。
新しい彼氏ができたりすると、前の男が連絡とってもゴミでも扱うみたいに冷たくなる。

これってさっぱりしてて男らしいですけど、振る舞いとしては実に女の子っぽいというか、「女々しい」態度と言えます。だって、女の子特有じゃないですか。


だから僕は、こう思うんです。

僕達が昔の女性(ひと)を想うことは、女々しいとは言わない。