読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

感謝のプログラミング 10000時間

たどり着いた結果(さき)は、感謝でした。

Rails勉強メモ(2) コントローラを生成する

Rails
<スポンサーリンク>

railsでアプリケーションを作成する

rails new application_name [options]

例)

rails new samplerails

Railsでコントローラクラスを生成する

rails generate controller name [options]

例)

rails generate controller hello

rails generateで作成したファイルを削除する
rails destroyコマンドで作成したものを削除することができる

rails destroy controller hello

・アクションメソッド
アクションメソッドというのは、クライアントからのリクエストに対して具体的な処理を実行するためのメソッドのこと。
コントローラクラスの中でアクションとして公開したくないメソッドはprivate宣言をする。

・ルーティング
ルーティングとは、リクエストされたURLに応じて処理の受け渡し先を決定するしくみのこと。
railsのルーティング設定は、config/routes.rbにて定義する。

・現在のルート定義を確認するコマンド

rake routes

・RESTfulインターフェースを定義する

resource nanes

railshello worldを表示するまで
コントローラクラスを作る

rails generate controller hello

コントローラにアクションを定義する(index)のところ

class HelloController < ApplicationController

	def index
		render :text => 'Hello world!'
	end
end

routes.rbにURLのマッピングを定義する

Railsdemo::Application.routes.draw do

  get "hello/:action(/:name)" => "hello"
end

これで

http://localhost:3000/hello/index

にリクエストを飛ばすと、ブラウザにhello worldが表示される。

・ERB
ERBはEmbedded Rubyの略。
HTMLにRubyスクリプトを埋め込むための仕組みのことだ。
これについては、次回以降実際に使ってみることにする。