感謝のプログラミング 10000時間

たどり着いた結果(さき)は、感謝でした。

最後に愛は勝つ。ただし、恋愛以外。

スポンサーリンク

hagexさんがとても素敵な文章を書いておられた。
今はスマホから更新しているため、リンクを張らずに書き進めるけれど、2ちゃんねるまとめに関する考察だ。

まとめ管理人達は、金のことばっかり、アンテナサイトに乗っかることばかり考えて、愛がないと。

ネットに対する愛が。
2ちゃんねるへの愛が。

その点、hagexさんからはものすごく、文章全体からインターネットへの愛を感じる。
本当に好きなんだなぁと。

この「愛」というのは意外と大切なことで、何かに成功する人は、その対象をものすごく長い時間愛し続けている場合が多い。
スケートの浅田真央選手だって、プロサッカー選手だって、みんな小さな頃から何かしらの我慢をしながら、その競技を続けてきた。
続けられるのは、それが好きだからだ。

スーパープログラマーだって、プログラミングを愛してずっと続けている人が、結果としてそうなっているに過ぎない。

何かの事業をやって成功するには、愛が大事だということだ。

最後に愛は勝つ

一方で、愛が深すぎると負ける確率が上がるのが恋愛だ。
適当に扱った人には意外と好かれて、めっちゃ好きで頑張った相手ほど、全く釣れないという経験はけっこうあると思う。

今年に入ってありとあらゆる恋愛本、心理学を研究した結果、「やる前」にコミットしすぎることは多くの場合逆効果になるようだ。

つまり、恋愛においては、愛が勝つとは限らないのである。
むしろ、愛しているからこそ、愛を隠さなければならないみたいな、
隠しているうちに本当は好きなのかよくわからないみたいな、

あれ?俺は何やってるんだ?という状態に陥っているのが、今のわたしです。

あらゆる本からテクニックを学び、忠実に実行しようとして、自分の心を見失った。

これぞ、策士、策に溺れるというやつである。