読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

感謝のプログラミング 10000時間

たどり着いた結果(さき)は、感謝でした。

「Javaが使われないのは、エンジニアが楽しくないからだ」

<スポンサーリンク>

面白い人に出会った。

彼を一文で表すと、

SIerにいるくせに技術が大好きで、コードを書きたくても書けない現状に嘆きつつ、
多額のローンを背負ってしまったため転職に踏み切ることもできず、夢と現実の狭間で苦しんでいる男だ。

この人の素直な感じがかなり好きで、出会いざますぐに心を開いてしまった。
やっぱりアツく技術的な話をしてくれる人は本当に楽しい。

会社にいる人の5割はSSDって何?って人だし、6割はJavaJavaScriptの違いもわからない人で、8割はGoogle検索無しでコンソールに「Hello World」を出力させることもできないような人達だ。

実際に統計をとったわけではないけれど、これは全然大げさな話ではない。
システムエンジニア」なのに、本当にこんな感じなのだ。

その代わり、ExcelやWordを駆使して資料を作成する技術は素晴らしいものがある。
長時間の会議に耐えうる精神力も素晴らしい。

そんな人達で溢れている中、誇らしげにEmacsの素晴らしさを語り、嬉しそうに普通の会話に「DRY、DRY」と織り交ぜてくる彼との会話は楽しかった。
傍から見ると変人だが。

さて、そんな彼はバリバリの情報系出身で、SIerにいるのが勿体ないような人なんだけど、まぁそこは個人の事情があるので仕方ない。

Ruby大好きな彼との話は面白かった。

僕が、

「いや、実際Javaは便利だよ。Javaはやろうと思えばなんでもできる。しかし、Web系の企業ではあまりJavaでの開発は行われていないっぽい。これってなんでなんだろうね。なんでRubyなのかね」

と言うと、彼はすかさずこう言った。

RubyJavaの10倍の生産性という話もあるが。
しかしそれ以上に、Javaが使われないのは、エンジニアが楽しくないからだ。
エンジニアのモチベーションが上がらないからだ」

こんなんRuby大好きな彼の主観かもしれないけれど、あながち間違っていない気がする。

「書いていて楽しい言語」で開発すると、エンジニアのテンションが上がる。
その結果、開発効率は高まる。

どうせ毎日触れるなら、ワクワクしていたいもんね。

そんな話をしつつ、Rubyがいかに楽しいかを熱っぽく語る彼を見て、やっぱり僕は彼が好きだなぁと思った。

そして、なんでこいつはSIerにいるんだろうと、彼から聞いたローンの額に思いを馳せた。


プログラマが知るべき97のこと

プログラマが知るべき97のこと

彼と話してなんとなく、こんな本があったことを思い出した。
家にあるから、もう一度読み返してみよう。
技術のことを嬉しそうに話す人と出会えて、すごく楽しかった。