読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

感謝のプログラミング 10000時間

たどり着いた結果(さき)は、感謝でした。

「すべらない話」からウケる技術を学ぶ~技術(1) キャラ変~

雑談
<スポンサーリンク>

色々とトーク本などを読むと、「すべらない話はパクれ」という話が出てくる。
すべらない話のDVDにある、番外編みたいなのは、みんな知らないからパクっても大丈夫、と。

しかし、ただパクるだけでは応用が効かないし、新しい笑いを生み出す力は身につかない。
だから、「このトークはなぜ面白いのか」という点を、ひとつ抽象化して、法則を見出してみたい。

というか、法則自体は「ウケる技術」という本を元にする。
ウケる技術、というのは、著者がひたすらウケている題材を研究しまくって、その結果掴んだウケる法則をまとめたものである。

ウケる技術 (新潮文庫)

ウケる技術 (新潮文庫)

題材となる教材は「大輔宮川のすべらない話」にした。
この「すべらない話」でどんなウケる技術が使われていたのかを研究する。

大輔宮川のすべらない話 [DVD]

大輔宮川のすべらない話 [DVD]

結論から言うと、大輔宮川のすべらない話でよく使われていたウケる技術は、「前置き」「ディテール化」「裏切り」「ミスマッチ」などがあるが、最も印象的だったのが「キャラ変」の技術である。

ウケる技術「キャラ変」とは

「キャラ変」の定義をウケる技術の文庫版143ページから引用する。

<キャラ変の定義>

態度を急変させる

「キャラ変」の具体例は以下のようなものだ。

A:お前、さすがにこの難問は解けないでしょ。
B:(あっさり解いて)
A:・・・・さすがです。←ここでキャラ変

表情や口調にギャップをつけるのがポイントで、それまでのキャラを突然変えるそのギャップに笑いが生まれる。

で、今日研究した「すべらない話」なんだけど、とにかくウケる芸人は、キャラ変がうまい。
どこでキャラ変を使うかというと、「オチ」の部分。

それまで真面目な感じで、真剣な話をしていたと思ったら、突然キャラ変して、

「もうええやろー!!!!」

と言う。

たとえば、久保田和靖の「セクシーキャバクラ」の話。
キャバ嬢に恋をして、真面目な恋の話をしていたかと思いきや、オチの部分で、

俺はキスをしていたんですよ。
5分くらいですかね、ずっとキスしてたんですけど・・・

いきなり、俺を引き離して、

「もうやめろやぁぁぁ!!」←ココでキャラ変

言うんですよ!

そいで口をゴシゴシ拭きだして!

みたいに、大きな声でキャラチェンジ。

このキャラ変で、「なりきる」というところがポイントだと思う。
いかにギャップを生み出すか。
正直、シュールなキャラ変はできると思うけど、芸人のテンションでやるというのは非常に難しい。

だから、実践の場(どこ?)でキャラ変を成功させるには、何度も練習する必要があるだろう。

オチのタイミングで、どれだけ開き直ってキャラを作れるかがポイント。
あとは、オチに入る瞬間に1秒くらいの間を置くと、オチが伝わりやすいようだ。

今日の研究成果

・話のオチの部分でキャラ変する
・オチの直前に少し間を置く

ウケる技術 (新潮文庫)

ウケる技術 (新潮文庫)

この本は俺が大学生のときに、合コンで全然話せなくて、凹みまくったときに買った本。
当時は文庫はなかったんだけど、何度も何度も読み返した。
今は文庫版に買い替えているが、何か面白いことを言えたときは、たいていこの本に書いてある「法則」に当てはまっている。
ずっと続けていくうちに、意識して「ウケる技術」を使えるようになった。