感謝のプログラミング 10000時間

たどり着いた結果(さき)は、感謝でした。

CoffeeScriptの文法の基礎。for文などの繰り返し処理と配列。

スポンサーリンク

複数行の文字列を扱う

CoffeeScriptで複数行の文字列を扱うには、"""ダブルクォテーション3つで囲む。

name = "sho322"
console.log "my name is #{name}"

sentence = """
複数の行で
文字列を書いている私は
#{name}
"""
console.log(sentence)

結果はこうなる。

my name is sho322
複数の行で
文字列を書いている私は
sho322 

配列の定義と繰り返し

CoffeeScriptの配列の書き方はJavaScriptと同じで配列リテラルを使う。
配列に対してループするにはfor...inを使う。
CoffeeScriptではfor inは配列に対してのみ使える。

friends = ["toshi", "masaya", "yoshikazu"]

for friend in friends
	console.log friend

このサンプルの結果はこうなる。

toshi
masaya
yoshikazu 

・while文

count = 0
while count < 15
	count++

console.log count  #15

・until文

count = 0

count++ until count >= 10

console.log count  #10


・loop文
loop文はwhile trueと同じ。
無限ループを作る。

count = 0
loop
	if ++count >= 15
		break

console.log count  #15

・switch文

# I want to meet Jun
targetName = "Jun"

#結果は Im Jun
switch targetName
	when 'Jun' then console.log 'Im Jun'
	when 'Takashi' then console.log 'Im Takashi'
	else console.log 'Cant find'

elseがdefaultと同じ意味になる。

・要素をスキップして繰り返し
CoffeeScriptで要素をスキップして繰り返すには、for...in...by構文を使う。
byは~おきに、という意味。

numbers = [0..30]

for number in numbers by 5
	console.log number

結果はこんな感じ。

0 
5 
10 
15 
20 
25 
30 

参考

日本語CoffeeScript書籍の中で、自分の中では一番だと思ってる。
基礎編がとても丁寧。先に読み進めるのが楽しみな本。