感謝のプログラミング 10000時間

たどり着いた結果(さき)は、感謝でした。

HTMLファイル内で生のCoffeeScriptを使うためにはcoffee-script.jsを読み込む

スポンサーリンク

以下のようなHTMLファイルで、scriptタグの中に囲って、CoffeeScriptを書く。
このCoffeeScriptを機能させるために読み込んでいるのが、coffee-script.jsだ。

<script src="http://jashkenas.github.com/coffee-script/extras/coffee-script.js" type="text/javascript" charset="utf-8"></script>

ここの部分。

<!DOCTYPE html>
<html>
<head>
<meta charset="utf-8">
<script src="http://jashkenas.github.com/coffee-script/extras/coffee-script.js" type="text/javascript" charset="utf-8"></script>
<script type="text/coffeescript">
  # Can write CoffeeScript
  console.log("Coffee!")

  say = ->
 	console.log("hello")

  say()
</script>
</head>
<body>
</body>
</html>

こいつをWebサーバ上に置いて、ブラウザで見てみると、コンソールには

Coffee!
Hello

と表示される。

参考にしたのは以下のサイト。
http://arcturo.github.io/library/coffeescript/index.html

次はCoffeeScriptの文法を見ていきたい。