読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

感謝のプログラミング 10000時間

たどり着いた結果(さき)は、感謝でした。

Windowsで画面キャプチャ(デスクトップ全体とブラウザなどのアクティブウィンドウだけ、それぞれ)する方法

<スポンサーリンク>

淡々と説明してみます。。

デスクトップ全体(画面全体)をキャプチャする

Fn + PrtSc
まずデスクトップ全体をキャプチャする方法から。
これは、自分の手元のF12のところにPrtScと書いてある。
f:id:sho322:20140109205221j:plain
これは「PrintScreen」の略で、このボタンで画像をクリップボード(一時的な記憶領域みたいなもの)に貼り付けることができる。

で、左下の方に「Fn」というキーがあると思うんですが、このボタンを押すと、四角で囲まれているキーを実行できます。
つまり、「PrtSc」が四角で囲まれている場合は、「Fn」を押しながら「PrtSc」を押す。

そうすると、デスクトップの画像が出てきます。
こんな感じ。
f:id:sho322:20140109205235j:plain

これを「ペイント」などに貼り付けることで、画像として保存することができます。
Windowsボタン + R」で、出てきた「ファイル名を実行」のところに「mspaint」と入れてEnterでもいい。

アクティブなウィンドウのみキャプチャ

Fn + Alt + PrtSc
開いている画面だけキャプチャしたいときなどあると思います。
ブラウザだけとか。

そういうときは、さっきのコマンドに「Alt」を加えてください。
Fn + Alt + PrtSc
ですね。
これで、以下の画像のようにブラウザだけキャプチャすることができます。
f:id:sho322:20140109205300j:plain

上の画像の一部分を切り取りたいときなどは、ペイント画面に貼り付けて、「選択」のところで四角で囲って切り取り→他のペイントに貼り付けなどでできます。
しかし、こういうのは後述するwinshotでやった方が楽です。

winshot(キャプチャソフト)を使ってみる。

この記事を書くきっかけとなったのは、id:ryo021021さんの以下の記事です。
Windowsユーザーに絶対役立つショートカットキー

涼さんが画面キャプチャするときの手順を以下のように書かれていて、

[Windows + R]で「ファイル名を指定して実行」を表示する
"notepad"と入力する
[Alt + PrintScreen]でスクリーンショットを撮る
[Shift + Home]で"notepad"の文字列を選択状態にする
[Delete]キーで選択中の"notepad"の文字列を削除
"mspaint"と入力する。
エンターキーを入力する。
[Ctrl + V]で先ほど撮ったスクリーンショットを貼り付け
[Ctrl + S]で保存
(必要であればTab、カーソルキー等を駆使してフォルダを選択)
エンターキー、または[Alt + S]キーで保存
[Alt + F4]でペイントを閉じる

自分も以前はこのようにWindowsのデフォルトのコマンドを使っていました。
でも最近はもっぱらwinshotみたいな、画面キャプチャソフトを使っています。
涼さんは「5秒でキャプチャ」とおっしゃっておりましたが、ソフトを使えば1秒で保存までできるので、よかったら使ってみてください!(^^)

参考までに定番の「winshot」ではてなのロゴをキャプチャしてみます。

まず最初は面倒ですが、winshotにショートカットキーを割り当ててみましょう。
f:id:sho322:20140109205341j:plain

「基本設定」に保存先のフォルダを指定することができます。
f:id:sho322:20140109205349j:plain

で、ショートカットキーに割り当てたキーを押すと・・・
f:id:sho322:20140109205408j:plain

こんな感じの枠が現れて、キャプチャしたい部分を囲むだけ。

すると、勝手に指定したフォルダにキャプチャ画像を保存してくれます。
f:id:sho322:20140109205416j:plain

プログラマの三大美徳は「怠惰・傲慢・短気」と言われます。
Perlを開発したラリー・ウォールさんの言葉だそうです。

涼さんのできるだけ作業を短縮させる姿勢は、プログラマ美徳ともいえるかと思います。
それで、せっかくなので、もっと楽するためにツールを使うという手段もありそうなので、今回の記事を書きました。

キャプチャツールは以下のサイトなどにまとめられていますね!
何か参考になれば嬉しいです。
無料画面キャプチャーソフト一覧

この本は新人のときに手元に置いて、何かあるたびに読んでた気がするw