感謝のプログラミング 10000時間

たどり着いた結果(さき)は、感謝でした。

JavaScriptでオブジェクトを生成する方法。new演算子を使う場合と、オブジェクトリテラルを使う場合の説明。

<スポンサーリンク>

new演算子とObjectコンストラクタを組み合わせて生成する

JavaScriptで新しくオブジェクトを作るには、以下のようにnew演算子、Objectコンストラクタを組み合わせる。

var jObject = new Object();

これにプロパティを持たせるには以下のようにする。

//JavaScriptオブジェクトを生成する
var jobj = new Object();

//最初は空
console.log(jobj);

→{}

jobj.name = 'sho322';
jobj.day = new Date();

console.log(jobj);

→{ name: 'sho322',
  day: Tue Jan 07 2014 06:47:48 GMT+0900 (東京 (標準時)) }

JavaScriptオブジェクトはプロパティのコレクションである。
それぞれのプロパティは名前と値を持つ。
このプロパティは日付でも配列でも、あらゆるJavaScriptオブジェクトを使うことができる。

オブジェクトリテラル

オブジェクトはもっとコンパクトで見やすい記法で生成することができる。
オブジェクトリテラルを使えばいい。
さっきと同じようなオブジェクトをObject Literalを使って構築してみよう。

//同じようなものをオブジェクトリテラルを使って作成
var myobj = {
	name: '吉川正洋',
	day: new Date()
};

console.log(myobj)
→{ name: '吉川正洋',
  day: Tue Jan 07 2014 06:55:59 GMT+0900 (東京 (標準時)) }

こんな感じでJSON(JavaScript Object Notation)形式で、表現する。

オブジェクトは一対の中括弧→{}で表現し、その中にプロパティのリストをコンマで区切って並べる。
プロパティは、名前と値をコロン(:)で区切って並べる。

オブジェクトの中にオブジェクトのプロパティを宣言することもできる。

環境構築

検証はNodeを使って行った。
その際は以下のサイトを大いに参考にした。
https://sites.google.com/site/nodejyuku/how_to_install_for_windows

参考

開眼!  JavaScript ―言語仕様から学ぶJavaScriptの本質

開眼! JavaScript ―言語仕様から学ぶJavaScriptの本質