読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

感謝のプログラミング 10000時間

たどり着いた結果(さき)は、感謝でした。

ネットは対抗するよりも味方につけた方がいい。黒塗りのジャニーズ画像の話を読んで。

<スポンサーリンク>

今日の日経新聞の12面。

黒塗りのアイドル

ジャニーズ事務所はタレントに関するインターネット上の写真利用を厳しく制限しているようだ。
著作権の関係でリンクは貼れないが、「電子書籍買ったら、ジャニーズが全部墨塗りにされててワロタw」というキーワードで検索するとジャニーズの顔が塗りつぶされた画像を見ることができる。

塗りつぶされたジャニーズはさながら「かまいたちの夜」みたいで、この徹底ぶりは逆にちょっとした気持ち悪さを覚えた。

著作権、肖像権は尊重されるべきという前提はもちろんあるが、
このように、ネットに対抗する動きは基本的にはあまり意味がないと思う。というか、徒労に終わる可能性が高い。

だって、Googleで「松本潤」で画像検索しただけでこんなにたくさんの画像が電子データとして出てくるんだよ。

で、アップロードする人は無数にいる。世界中で、いろんなデバイス、いろんなアプリでガンガンアップロードされてる。
ツイッターで「松本潤 pic」で検索してもものすごい数の画像が表示される。

だからね、こんなチマチマした規制はやめちゃえばいいと思うんですよ。
逆にどんどん公開する。Youtubeで見れるAKB48の「公式PV」みたいに。

で、提供すべき価値は写真とかじゃなくて、リアルな体験。
電子的なデータはガンガン公開して、ファンを増やす。

そして、ライブに来てもらえばいい。そっちで稼げばいい。
ライブっていうのはネットでは絶対に提供できない価値だから。

まぁ、嵐のライブはものすごい人気みたいだし、既にみんなやってると思うんだけど。
Youtube上の曲の削除とか、ネットに出回る画像に黒塗りするのは意味がないなぁと。