感謝のプログラミング 10000時間

たどり着いた結果(さき)は、感謝でした。

音楽は人生の目次

<スポンサーリンク>

音楽は人生の目次だ。

年末に昔の友達とカラオケに行く。
懐かしい友達と、懐かしい曲を歌う。

そうすると、当時の光景がフラッシュバックしてくる。

音楽は人生の目次だ。

思い出は、音楽と共にある。

中学生のとき、初恋のときに聞いていたのはGLAYだった。
当時はGLAYとラルクが流行ってて、どっち派?みたいな議論をしてたっけ。
Hydeがカッコよすぎて、みんなHydeに憧れてた。
あと、GLAYのジローさんも流行ってた。

高校のときに聞いていたのはHi-Standard
「STAY GOLD」とかを学校祭のライブなんかで弾いたりして、人生で初めてのモッシュ&ダイブ。
今振り返ると、あれってすごく危ないよねw

「あなたに」という曲が、なんかの洗剤のCMで流れてから、モンゴル800が流行った。
「Message」というアルバムはTSUTAYAで借りることができなくて、誰かが買ったアルバムを皆でMDに入れて聞いていた。

あーなーたーに、会いたくて~会いたくて~

なんてカラオケで歌って。
「小さな恋の歌」とか、ハモったりして。

懐かしいなぁ。

ケツメイシを聞いていると、大学時代を思い出す。
「夏の思い出」をみんなで歌って。
あの頃は明日のことなんて考えずに、ただただお酒を浴びるように飲んで、ぶっ潰れるまで歌ってた。

「さくら」という曲のPVに出てた鈴木えみが死ぬほど可愛くて、みんなで夢中になってた。
あの曲は、当時の彼女との思い出。
大学までの目次は、恋と共にある気がする(笑)

社会人になると恋とか友達とかをだんだんとないがしろにし始めて、仕事と勉強ばかりになっていった。
右も左もわからない社会人1年目のときに聞いていたのはSuperflyの「愛を込めて花束を」という曲で、あの曲を聴くとちょっと辛くなる。
仕事の充実こそが人生の充実だと信じて疑ってこなかったけれど、それって俺にとって、本当に幸せだったのだろうか。

懐メロと共に昔を思い出すとき、記憶の中の景色はいつも晴れているけれど、社会人になってからの記憶は晴れてるものがない。
ずっとオフィスにいて、晴れ空を見る機会が減ったからなのかな。

あと5年経ったときに、どんな曲を聴いて「今」を思い出すだろう?
人生の目次に刻まれるのはきっと、そのとき一番大切なことのはずで。

俺は「どんな今年」を目次に刻んでいくんだろう。

それは時間が経ってみなければわからないことだけれど、そのとき思い出す「今年の記憶」が、晴れてたらいいな。

Message

Message