感謝のプログラミング 10000時間

たどり着いた結果(さき)は、感謝でした。

パソコンが壊れた(; ;)

<スポンサーリンク>

愛用していたWindows機でブルースクリーンが頻発。
単発だったら様子見したかったところなんだけど、1時間で3回も起こってたらさすがに何か問題あるんだろう。
f:id:sho322:20131226221141j:plain

で、とりあえずブルースクリーンのメッセージを見ると物理メモリに問題があるらしい。
メモリチェックソフトで調べることもできるみたいなんだけど、もう2年も酷使してるし、ファンもうるさくなってきたから買い替え時かな〜って思ってる。

今は一時的に昔使ってたMac Book Airを引っ張りだしてきてる。
ためしに古いEclipseを開くと、3年前の懐かしい勉強の後が。笑

Mac Book Airも好きなんだけど、やっぱり個人的にはWindows機が使いやすかった。
なんで使いやすかったかというと、本を見て開発環境を作ってみるときに、本に載っているサンプルっていうのは基本的にはWindowsだから。
右も左もわからなかった自分にとって、開発環境を本を見ながら作れるっていうのはかなり大切なことだった。

あれから二年。
もうだいぶ進歩したような気がするんだけどなぁ。もうMacをメインにしても大丈夫な気が。
でも、新しいLet's Noteも欲しいし。

まぁでも、パソコンが壊れたときのために、予備のパソコンが家にあることっていうのは大切だよね。
今回の件で痛感した。心のゆとりが全然違う。

うちにはあとVM Ware ESXiを入れたへっぽこマシンがあるんだけど、これは無線にしたらうまくつなげないで、そのまま放置していたので、年末中になんとかうまいことつなげるようにして、開発機として活用したい。

とりあえず、年末年始はMacで。
壊れたVAIO君は直りそうだったらCentOSでも入れて、開発機2号機にしようと思う。