感謝のプログラミング 10000時間

たどり着いた結果(さき)は、感謝でした。

友達は本当に”一番”大事なんだろうか?

スポンサーリンク

昔からたくさんの大人に「友達は一番大事だ。友達を大事にしなさい」と言われてきた。
偉人も友達に関する名言を残している。

「その人がどういう人か知りたければ、その友を見なさい」

と。
友達こそがその人の人生の財産で、友達こそが人生で最も大事なことのように語られる。

友達って一番大切なものなのか?

と。社会人になってからは特に、疑問に感じている。

たしかに大学まではほぼ間違いなく、人生の充実は友達に依存していた。
友達がいれば毎日が楽しくなるし、予定も充実する。
そして、予定を充実させるだけの潤沢な時間があった。

いつまでも自由が続くような気がしていた。

会社に入ると、逆に自由な時間は少なくなる。
時間を資源とするならば、限られた資源には優先順位をつけて割り振らなければならない。

人生は、時間の使い方に優先順位をつけて配分するポートフォリオ・マネジメントだ。
そして、優先順位は人それぞれの価値観に合わせて、多様にあってもいいはずだ。
その考えなしに、「友達は一番大事」とするのは大人の思考停止だと思う。

そんなに仲の良いわけでもない友達に飲みに誘われると、時間がもったいないと感じてしまう。
何も積み重なることのないその場限りの楽しみに、時間を使いたくはない。

今のこの飲み会に時間を使うことは、自分にとって将来的に何か意味があるのか?

と、そんな風に考えてしまう。
こんな風に考えるのは、一般的にはつまらない人間なのかもしれない。
堅苦しいキモいやつに見えるかもしれない。
てゆうか、こんなこと言うやつ、絶対飲みに誘いたくないだろう(ごめんね)

もちろん、「毎日を楽しく過ごす」ことの優先順位が高い人は、毎日友達と飲みに行けばいい。
実際にいつも飲み歩いていて、休日は楽しそうに友達と旅行しているような人はたくさんいる。
Facebookを見て、いつも楽しそうだなぁと思う。ちょっと羨ましい。

それでも自分は、そういう時間の使い方をしたいとは思わない。
ブログのコンテンツを充実させたり、プログラミングの勉強をすることに時間を費やしたいからだ。

そのためには時間が足りなすぎる。

友達とも飲みに行って、パッと切り替えて勉強するときはする、仕事は仕事ってできたらいいんだけど、
自分は切り替えが下手で、友達と予定が入ると家での学習効率が極端に落ちる。

勉強するときは、一日勉強に時間を費やしたい。
開発するときは、開発にどっぷり時間を使いたい。

自分の人生の優先順位を意識している限り、こんな時間の使い方でも間違っていないと思っている。

一方で、やっぱり土日は寂しかったり、結婚式で誰も呼べなくなったらどうしようとか、そんな悩みを抱えている。
その辺の吹っ切れないところが、自分の弱さだ。

自分にとって大切なことはなんだろうか?
それはその時々の価値観に照らして、成長に応じて変わっていくものなのかもしれない。
それでも、無意識・無批判に世間の常識に流されて、時間の使い方を常識に規定されてしまうのは、ちょっともったいないように思う。