読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

感謝のプログラミング 10000時間

たどり着いた結果(さき)は、感謝でした。

クラウドサービスの用語(Saas/PaaS/IaaS)のまとめとAmazon EC2とは何かの説明

<スポンサーリンク>
  • Saas(Software as a Service)

Saasとは、主にアプリケーション・ソフトウェアをインターネット経由のサービスとして提供するもの。
gmailとかYahoo mailとか、Googleスプレッドシートとかに該当する。

  • PaaS(Platform as a Service)

PaaSとは、ソフトウェアを構築したり、稼働させるためのプラットフォームをインターネット経由のサービスとして提供するものである。
次に書くIaaSと区別がつきにくいけれど、Google App EngineとかMicrosoft Windows Azureが該当する。

  • IaaS(Infrastructure as a Service)

IaaSとは、コンピュータシステムを構築したり、稼働させるための「システム基盤」をインターネット経由のサービスとして提供するもの。
Amazon EC2とか、ロリポップやさくらのレンタルサーバが該当する。

インターネット経由の一般向けのクラウドサービスをパブリッククラウドというのに対し、企業内などでのクラウドサービスをプライベートクラウドと呼ぶ。
クラウドサービスが従来の「自分でサーバを買って、自分で構築する」よりも優れている点は、まずはサービスの拡大に対応しやすいことである。

アクセスが急に増えたときにサーバの容量を拡大するなどの対応が、クリックだけでできてしまう。
自前のサーバの増築だと、データセンターの場所の確保とか、セッティングとか諸々で、そう簡単には増設できない。
クラウド上にインフラを構築することで、拡張のタイムロスによる、機械損失を最小限に抑えることができる。

Amazon EC2(Elactic Compute Cloud)とは

Amazon EC2は、必要なときに必要なタイプのコンピュータリソースを必要な分だけ調達して使うことができるサービスのこと。
サーバ、ネットワーク、セキュリティ、高可用性システム構成、バックアップ/リストア機能など備えている。
これはもはや、インフラそのものとも言える。
EC2インスタンスとは、サーバ機そのもので、サーバオブジェクトのようなものだ。
EC2インスタンスは、Amazon EC2上のイメージファイル(Amazon Machine Image:AMI)として存在する。
VMwareとかでも仮想マシンのイメージファイル(vmkファイルだったかな?)があるのと同じで、これらの仮想化技術が元になっている。
AMIをAmazon EC2にロードすることで、従来のサーバとまったく同じ振る舞いをさせることができる。
AMIをバックアップとしてAmazon S3に保存して、そこからEC2インスタンスを開始することもできる。

EC2インスタンスの料金

以下のリンクにもあるように、Amazon EC2は「オンデマンドインスタンス」、「リザーブドインスタンス」、「スポットインスタンス」の3つの異なる購入モデルを提供している。
http://aws.amazon.com/jp/ec2/purchasing-options/

参考書籍

AmazonCloudテクニカルガイド ―EC2/S3からVPCまで徹底解析―

AmazonCloudテクニカルガイド ―EC2/S3からVPCまで徹底解析―

2010年と古い本だが、近所の本屋にあった4冊のうち、一番わかりやすそうなAWS入門書だった。