感謝のプログラミング 10000時間

たどり着いた結果(さき)は、感謝でした。

PHPのただの配列と連想配列の基本的な使い方サンプル

スポンサーリンク

ただの配列

ただの配列の構文はこんな感じ。

array([要素],[要素],[要素],...);

配列の添字は0,1,2,3...となっている。
0から始まることに注意。

・具体例

<?php

$my_friends = array(
		'mizky',
		'Mita',
		'Yoshida',
	);

echo $my_friends[1], PHP_EOL;

?>

これだとMitaと表示される。

連想配列

連想配列は、要素に名前(=キー)をつけ、そのキーでアクセスする形式の配列のこと。

・構文

array([キー] => [要素], [キー] => [要素]...);

・具体例

<?php

$my_friends = array(
		'mizky' => 'イケメン',
		'Mita' => '童貞',
		'Yoshida' => '非モテ'
	);

echo $my_friends['Mita'], PHP_EOL;

?>

この例の表示結果は

童貞

となる。Mitaは童貞だということだ。

以下、注意点
・キーが重複していた場合は、あとに定義された要素が用いられる。
・キーに使うことができるのは、基本的には「整数」「文字列」のみ。論理型、浮動小数点型、nullを用いることもできるっちゃできるけど、整数に変換されたり、空文字として扱われたりする。

読んだ本

パーフェクトPHP (PERFECT SERIES 3)

パーフェクトPHP (PERFECT SERIES 3)