感謝のプログラミング 10000時間

たどり着いた結果(さき)は、感謝でした。

レンタルサーバを借りた時に便利。EclipseでWebサーバにリモート接続する方法と、teratermマクロでSSH接続する方法

スポンサーリンク

Eclipseでリモート接続できるようにする

Eclipseでリモート接続できるように設定すると、Eclipse上で編集したファイルをそのままFTPサーバ上のファイルに反映することができるようになる。

手順は簡単。
上の方にある「ウィンドウ(W)」メニューから「ビューの表示(V)」→「その他(O)」を選択する。

「リモート・システム」フォルダ→「リモート・システム」を選択してOK。

「リモート・システム」のビューが出てくるので、空白のところで右クリック→「新規(A)」→「接続(A)」を選択

FTPのみ」を選択して「次へ(N)」をクリック。ホスト名を入力する。

「リモート・システム」というビューが出てくるので、上で登録した接続名を右クリック→「接続(L)」を選択する。
ユーザー名やパスワードを設定すれば、EclipseからFTPサーバ上のファイルを作成したり、編集できるようになる。

面倒なSSH接続のパスワード入力などを自動化するteratermマクロのサンプル

.ttlファイルはteratermマクロに紐づけておく。

以下のファイルのパラメータを自分用に編集して、lolipop.ttlみたいな名前で保存すれば、そのファイルをクリックするだけで、面倒なパスワードとか入力しなくてもターミナル接続ができるようになる。

HOSTADDR = 'ssh.lolipop'
USERNAME = 'lolipop.hogehogehogefuga'
PASSWORD = 'passwordpress'

COMMAND = HOSTADDR
strconcat COMMAND ':22 /ssh /2 /auth=password /user=' ★ここの「22」のところは設定されたSSHのポートを入力すること
strconcat COMMAND USERNAME
strconcat COMMAND ' /passwd='
strconcat COMMAND PASSWORD

connect COMMAND

if result <> 2 Then
	messagebox "接続できません'
	end
endif

timeout = 10
wait '>''$''#'
if result = 0 then
	end
endif

Eclipse 4.3 完全攻略

Eclipse 4.3 完全攻略