感謝のプログラミング 10000時間

たどり着いた結果(さき)は、感謝でした。

電子マネー市場が拡大している。普及枚数が一番多いのはやっぱりSUICAだった。

<スポンサーリンク>

日経新聞に面白いデータがあった。
主要電子マネーの普及状況だ。

名称 発行枚数(万) 利用可能拠点数
ナナコ 2505 13万5500
ワオン 3590 17万
スイカ 4217 23万5000
パスモ 2364 23万5000
イコカ 853 23万5000

13年度のワオンの決済総額は過去最高を更新し、通念では1兆6000億円を見込むらしい。
ポイント付与等を有効に使って、利用者を拡大している模様。

主要6電子マネーの13年度上期の総決済件数は、前年同期比22%増の17億2333万件。

決済1件あたりの金額は900円程度となっていて、決済総額は3兆円規模に達するという。
つい5年くらい前は「電子マネー元年」とか言って、これから普及するものとして見られていたのに、いつの間にか生活に根付いたものになっていた。

電子マネー各社は顧客の囲い込みを行っていて、業務提携を進めている。
たとえば、、セブン&アイは三井住友カードと業務提携した。
その結果、東京駅八重洲口の地下街、「東京駅一番街」の加盟店約100店でナナコを利用できるようになった。

利用者側としては、どれか1つでまとめて使いたい気もするけれど。
たとえばそれぞれのカードの機能をラップして、かざしたら最適なカードで決済してくれるようなシステム作れないだろうか?

どの場面でも1つのカードをかざせばよくなるし、カードの選択はアルゴリズムがやってくれる。

まぁ、各社間の調整がすごく難しいんだろうけれど。

電子マネー革命─キャッシュレス社会の現実と希望 (講談社現代新書)

電子マネー革命─キャッシュレス社会の現実と希望 (講談社現代新書)