感謝のプログラミング 10000時間

たどり着いた結果(さき)は、感謝でした。

PHPのオブジェクト指向超入門。クラスを作成して、メソッドを使ってみるサンプル。

<スポンサーリンク>

ひと通り用語を説明してから、サンプルを見ていく。

インスタンスの生成とメソッドの呼び出し

まず、クラスの定義は以下のようにする。

class クラス名 {
	クラスの実装
}

インスタンスの生成はnew演算子を使う。

メソッドの呼び出しはアロー演算子(->)を使う。
Javaならドット(.)だけど、そこが違う。

オブジェクトの参照ではなく、オブジェクトを複製したい場合はcloneキーワードを使う。

$this

$thisというのは、自分自身のオブジェクトの参照。
自分自身のオブジェクトのプロパティやメソッドへは、$thisを用いてアクセスする。

アクセス修飾子

アクセス修飾子はJavaと似ていて、メソッドやプロパティがどこからアクセス可能か表す。
public:クラスの外側から参照・呼び出しできる
private:自分のクラスの内側からのみ参照・呼び出しができる
protected:自分のクラスの内側または自分のクラスを継承したクラスの内側からのみ参照・呼び出しができる。

サンプル

<html>
<head>
<title>base64エンコードを利用する</title>
</haed>
<?php

class God {

	private $godWord;

	public function setGodWord($word) {
		$this->godWord = $word;
	}

	public function godAtack() {
		echo "<p>神の裁きを与える</p>";
	}

	public function godSay() {
		echo "<p>" . $this->godWord . "</p>";
	}

}

$myGod = new God();
$myGod->godAtack();

$myGod->setGodWord("私は神だ");
$myGod->godSay();

?>
</html>

これをブラウザで表示させるとこんな感じになる。

神の裁きを与える

私は神だ

読んだ本

パーフェクトPHP (PERFECT SERIES 3)

パーフェクトPHP (PERFECT SERIES 3)

基礎から応用まで、外せない部分を丁寧に解説してくれる。
信頼のパーフェクトシリーズ。

感謝のプログラミング

今回で感謝のプログラミングは【681時間目】
10000時間まで、あと【9319時間】