読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

感謝のプログラミング 10000時間

たどり着いた結果(さき)は、感謝でした。

PHPで文字列を暗号化したり、ハッシュを求めるサンプル

PHP
<スポンサーリンク>

EclipsePHPの開発を行う。

EclipsePHPプロジェクトを作成して、プロジェクトを右クリック「ビルド・パス」→「ソースのリンク」でhtdocsを選ぶ。
そうすると、htdocsとPHPプロジェクトがリンクされて、Eclipse上で作ったphpファイルなんかがhtdocs以下にリンクされるようになる。

文字列を暗号化する

PHPで文字列を暗号化するサンプルは以下の通り。

<html>
<head>
<title>文字列を暗号化するサンプル</title>
</haed>
<?php

$orgString = "abcdefg";
$cryptString = crypt($orgString);

echo "<p>元の文字列は:" . $orgString;
echo "<p>暗号化した文字列は:" . $cryptString;

?>
</html>

ブラウザには以下のように表示される。

元の文字列は:abcdefg

暗号化した文字列は:$1$uc..fP1.$HUYrqGIYgguE.tS.GfjQ71

なお、PHPMD5ハッシュを求めるには
md5()関数を使い、sha1ハッシュを求めるにはsha1()関数を使う。

base64

最後に、base64エンコードを使ってみる。
PHPbase64エンコードを利用するのも非常に簡単で、base64_encode("文字列");
base64_decode("文字列")という関数を使えばいい。
サンプルはこんな感じ。

<html>
<head>
<title>base64エンコードを利用する</title>
</haed>
<?php

$orgString = "東京都千代田区丸の内";
$base64encoded = base64_encode($orgString);

echo "<p>元の文字列は:" . $orgString;
echo "<p>エンコードした文字列は:" . $base64encoded;

//デコードしてみる
$base64decoded = base64_decode($base64encoded);

echo "<p>デコードした文字列は:" . $base64decoded;


?>
</html>

ブラウザにはこのように表示される。

元の文字列は:東京都千代田区丸の内

エンコードした文字列は:5p2x5Lqs6YO95Y2D5Luj55Sw5Yy65Li444Gu5YaF

デコードした文字列は:東京都千代田区丸の内

このサンプルを作るにあたって読んだ本

PHPによるWebアプリケーションスーパーサンプル 第2版

PHPによるWebアプリケーションスーパーサンプル 第2版