感謝のプログラミング 10000時間

たどり着いた結果(さき)は、感謝でした。

GUIアプリケーションを作る基本メモ。インテリセンス、デザイン画面とコード画面を切り替えるショートカット。

<スポンサーリンク>

画面の設計を行う

C#で画面を作る手順は以下の通り。
1.Visual C# を起動
2.[新しいプロジェクト]を作成
3.テンプレートから[Windowsフォームアプリケーション]を選択する
4.プロジェクト名を入力する
5.Windowsアプリケーションのひな形ができる

ひな形を作ったら、あとはレゴみたいに、パーツを貼っつけて色々と作っていくだけ。
これはテキストで説明するのが難しいので、本を買ったほうがいいと思う・・・。

C#でコントロールに値を取り出したり設定したりする

.NETの世界では、GUIでペタペタ貼り付けた部品のことをコントロールと呼ぶ。

コントロールの値を指定するには

コントロール名.プロパティ名

コントロールの値を設定するには

コントロール名.プロパティ名 = 値;

とする。

値を取り出すには、

変数 = コントロール名.プロパティ名

とする。

文字列とデータ型の変換

文字列をあるデータ型に変換する。

変換後の変数名 = データ型名.parse(変換前の文字列);

あるデータ型を文字列型に変換する。

変換後の変数名 = 変換前の変数名.ToString();

デザイン画面からコード画面に切り替える

GUIでペタペタデザインを作った後に、コードを編集したい時は、デザインのコントロールをダブルクリックする。

インテリセンスとは

インテリセンスとは、コード入力をサポートする機能のことで、コードを入力してると途中で出てくるリストのことだ。
インテリセンスの中にあるリストを選んでTabを押すと、入力が自動的に保管される。
インテリセンスを呼び出すには「.(ドット)」などを入力するといい。
強制的にインテリセンスを表示させるには、Ctrl+SpaceかCtrl+J,またはAlt+「→」を押すと表示することができる。

デザイン画面とコード画面を切り替えるショートカットなど

1.メニューから選択して切り替えるパターン
「表示」→「コード」
「表示」→「デザイナー」を洗濯

2.ショートカットキーで切り替えるパターン
デザイン画面からコード画面に切り替え:「F7」
コード画面からデザイン画面に切り替え:「Shift + F7」

勉強した本

作って覚える Visual C# 2010 Express 入門

作って覚える Visual C# 2010 Express 入門

感謝のプログラミング

今回で感謝のプログラミングは【669時間目】
10000時間まで、あと【9331時間】