読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

感謝のプログラミング 10000時間

たどり着いた結果(さき)は、感謝でした。

10の0乗が1になることの考え方。10進法から2進法へ基数変換する方法。

<スポンサーリンク>

人間とコンピュータ

■人間
繰り返しが苦手で、すぐに飽きてミスしてしまう。
問題を解きほぐすのは得意

■コンピュータ
繰り返しが得意。でも自分で問題を解きほぐすことはできない。

つまり、人間とコンピュータはお互いに苦手なことを補いあって、問題を説いている。

2進法

コンピュータは数を扱う時は2進法を使う。
2進法は以下の特徴がある。

  • 使う数字は0と1の2種類だけ。
  • 右から順に1の位,2の位,4の位,8の位・・・を表す

2進数は、「2」という数字はなく、1と0のみで繰り上がっていく。
0,1,10,11,100,101,110,111,・・・

10進法から2進法の表記法に変換することを10進法から2進法への基数変換という。
イメージはこんな感じ。

人間が10進法を使う理由。コンピュータが2進法を使う理由

10進法は桁が少なくてすむ代わりに数字の種類が多くなる。人間はこっちの方が使いやすい。
2進法は数字の種類が少なくて済む変わりに桁数が多くなる。コンピュータはこっちの方が使いやすい。

10の0乗は何になるか?

今まで丸暗記していた10の0乗の説明が秀逸だった。
10の0乗は1である。0ではない。
なぜか?
これは10の3乗などから逆に考えるといい。
10の3乗は10を3回掛けたもの。1000。
それを10分の1にすると、100。10の2乗。
10分の1にすると、10。10の1乗。
10分の1にすると、1。10の0乗。
10分の1にすると、1/10。10の-1乗
と考える。

指数が1減ると、全体は10分の1になる
と考える。

勉強した本


数学、デザインパターン、アルゴリズム、UIデザインの知識は、流行を超えたメタなレベルでのプログラミング力として、継続的に鍛えていきたい。
そのための一歩として、プログラマの数学を購入した。