読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

感謝のプログラミング 10000時間

たどり着いた結果(さき)は、感謝でした。

C#でオーバーロードを使う例を簡単に作ってみる。

<スポンサーリンク>

C#でクラスを利用する最も単純な例

namespace ConsoleApplication1
{
    class Program
    {
        static void Main(string[] args)
        {
            Greeting greeting = new Greeting();
            greeting.message = "今度はセッター使ってね!";
            greeting.greet();
        }
    }
    class Greeting
    {
        public string message;

        public void greet()
        {
            Console.WriteLine(message);
            System.Diagnostics.Debug.WriteLine(message);
        }
    }
}

オーバーロードとは

オーバーロードとは、同じ名前を持つメソッドを複数作ること。
具体例はこんな感じ。

public void greet()
{
    Console.WriteLine(message);
    System.Diagnostics.Debug.WriteLine(message);
}

//メソッドのオーバーロードの例
public void greet(string someMessage)
{
    System.Diagnostics.Debug.WriteLine(someMessage);
}

じゃあ、オーバーライドとは?

子クラスで親クラスのメソッドを上書きする機能のこと。
親で定義されている関数を子で再定義する。

コンストラクタとは

コンストラクタとは、インスタンス生成時に呼び出される初期化メソッドのこと。
JavaC#では基本的にクラス名と名前が同じ。
コンストラクタを作ってみる。

class Program
{
    static void Main(string[] args)
    {
        Greeting greeting = new Greeting("コンストラクタこんにちは!");
        greeting.message = "今度はセッター使ってね!";
        greeting.greet();
        greeting.greet("さて、引数を渡してみよう!");
    }
}
class Greeting
{
    public string message;
    private string constractMessage;
    public Greeting(string conMessage)
    {
        constractMessage = conMessage;
    }
//省略

読んだ本

感謝のプログラミング

今回で感謝のプログラミングは【654時間目】
10000時間まで、あと【9346時間】