読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

感謝のプログラミング 10000時間

たどり着いた結果(さき)は、感謝でした。

俺が今まで、少しでも勉強時間を増やし、効率を上げるためにやってきた工夫のまとめ

<スポンサーリンク>

ずっと勉強してきた。大学3年の終わり頃に、国家公務員1種試験の勉強を始めた頃からずっと。
歯を磨くように毎日毎日勉強してると、勉強しない日はなんだか気持ち悪くなるようになった。
勉強しないで一日を無駄にすると、寝る前に後悔の念に襲われる。その症状は今も続いている。いつも陵南戦の三井みたいにな気分になる。「なぜ俺は...こんな無駄な時間を...」

さて、そんな風に毎日毎日勉強してきたら、それなりに方法論とか、工夫した経験が積み重なってくる。
その中でも、自分の勉強時間を増やしたり、効率を上げるのに特に効果があったものをまとめてみる。

1.携帯電話とインターネットを封印する。

携帯電話とインターネットは勉強の最大の敵だ。
特にLINEのチャットなどは無限に時間を取られる。
勉強したことは一生役に立つが、LINEでチャットした内容のうち、一年後に意味があるものは0.1%も無いだろう。

携帯電話を手放そうとすると、こんなことを考えてしまうかもしれない。

「親が倒れたりして、緊急の電話がかかってきたらどうしよう」
「好きな子からメールがきたりしたらどうしよう」

大丈夫。
緊急でかかってきたらどうしようと思う電話はどうせかかってこないし、
気になる女の子からのメールもどうせ来ない。
携帯電話に触れている時間の大半は、ただの無駄だ。

インターネットも同じである。調べ物をする場合などはインターネットが欠かせない場合もあるが、そうでない場合は、ネットサーフィンは時間の無駄だ。
調べ物をする際も、アダ○ト系のサイトや2ちゃんねるなどはアクセスできないようにしよう。
僕がよく使っているのは、ウイルスバスターのペアレンタルコントロール機能だ。
これは親が子供に危険なサイトを見れないようにするための機能だが、自分を抑止するためにも使える。
具体的には、こんな感じに、適当なパスワードを設定して、すぐに解除できない状態を作る。
そして、強制的に変なサイトにアクセスできないようにする。

携帯電話は、僕が普段よくやっているのは、郵便受けにスマホとイー・モバイルを放り込んでおくことだ。
有線の人はLANケーブルを放り込んでおけばいい。
ポイントは、部屋の外に時間泥棒達を追い出すこと。そうすると、取りに行くのに手間がかかる。このような手間をかけなければいけない状況を作ることが大事だ。
あと、部屋のテレビは友達にあげた。42型だった。

2.タイマーで締め切りを作る

タイマーは勉強時間を記録するのにも使えるが、「○○から○○までを10分でやる」というように締め切りを作るのに大きな効果を発揮する。
これは色んなことに応用できて、15分でブログを書く、と決めてタイマーをセットして時間を計ると不思議と締め切りを意識して集中力が高まる。
問題集をやるのも同じで、この問題は5分で解く、このページは2分で読むなどを設定していくといい。


昔自習室でタイマーを使っていたときは、タイマーの蓋を開けて、音が鳴らないように回線を切っていた。
タイマーの音を鳴らす仕組みは単純で、音がなる磁石みたいなやつにつながっている線を1本切れば、もう音は鳴らなくなる。
こうすれば、図書館や予備校で勉強する際にも使えるようになる。
自分はタイマーは締め切りに、ストップウォッチは勉強の合計時間を記録するのに使っていた。
Q&Q ストップウォッチ スプリット計測機能付き ブラック HS44-001

Q&Q ストップウォッチ スプリット計測機能付き ブラック HS44-001

3.作業興奮と習慣化

最初はやる気がなくても、とりあえず始める。
気乗りしないことでもやっているうちにだんだんと集中してくる。これを作業興奮という。
とにかく机に座って、始めてみることが大事。
勉強の習慣が無いうちは、自習室に行くか、図書館に行くか、カフェに行くのを習慣にしよう。
椅子や机、デスクライトをちゃんとしたものにするのも大事だ。
特に机が広いと非常に勉強しやすくなることが最近良くわかった(ニトリででかい机を買ってきた)

自然光LEDデスクライト (ホワイト)

自然光LEDデスクライト (ホワイト)

4.本を二冊買うか、カッターで解答を切り取る

資格試験の勉強で、問題と解答が見開きになっていないものは使いづらい。
そういう時は本を2冊買って、1冊は解答のページを、もう1冊は問題を見れるようにして使っていた。
金が無い学生時代は、解答部分をカッターで切って、クリップで止めてまとめていた。

NT 軽作業用カッター A?300GRP

NT 軽作業用カッター A?300GRP

日本クリノス 目玉クリップ 大 挟み口65mm 10個入り Mクリ-1

日本クリノス 目玉クリップ 大 挟み口65mm 10個入り Mクリ-1

5.本立てを使う

本立ては勉強に必須だ。
特にプログラミングの勉強をするときに役に立つ。
本を開くためだけに大事な左手を奪われてはいけない。
簿記の勉強とか、普通の問題集でも同じ。本立てというのは地味だけど非常に効果がある。

ELECOM EDH-004 ブックスタンド

ELECOM EDH-004 ブックスタンド

6.時間の使い方を記録する

手帳には長期的な目標と短期的な目標を書くのに加え、「実際にやったこと」を記録するといい。
やったことを振り返るのはモチベーションアップに非常に役に立った。
こっちの記事にも書いたが、勉強時間を記録しておくと後で振り返るときにすごくいい。
あと、今月は100時間勉強した。来月は105時間勉強できるように頑張ろう、と来月の目標を定めることができるし、一日の時間の使い方を振り返って、次の日の改善につなげることができる。
時間の使い方を記録することは日々を改善するために非常に重要だ。

なんかこうやって書くと、地味で当たり前のことばかり書いてしまった。
ライフハック記事で書いているような派手で即効性がありそうなものを書きたい気もするけれど、実際の勉強って地味な改善の積み重ねだよね。
劇的に効果が上がる、とかじゃなくて少しでも多く勉強時間を確保することや、少しでも長くモチベーションを続かせるために工夫することが一番大事なんじゃないかと思っている。