感謝のプログラミング 10000時間

たどり着いた結果(さき)は、感謝でした。

【予備校無し・独学で合格】国家公務員総合職(1種・経済区分)の専門試験の勉強法・攻略法のまとめ

<スポンサーリンク>

前回の記事の続き。
国家公務員1種(総合職)試験は難しくない。900時間〜1000時間勉強できれば、独学予備校無しで普通に合格できる。
前回の記事では教養科目について書いた。
心構えとか、合格証書の写真とかについても。

今回は専門試験について書く。

専門試験の対策は教養に比べて積み重ねが必要だ。
教養科目と違い、ただ暗記するだけではなかなか得点につながらない。

特に経済系の科目は、基礎の部分から理解を積み重ねていく必要がある。
あと、公務員試験は1種に限らず、やらなければいけないモノがたくさんある。
膨大な量の本を読み込み、問題を解き、しかも記憶を維持しなければならない。まさに官僚の仕事そのものだ。情報処理能力は官僚の要だ。
めげずに、夢に向かって勉強を続けてほしい。受験勉強の経験は一生役に立つ。絶対。

あとは、やるって決めたらすぐにやってしまうことが大事。
本屋に行くなりAmazonで買うなりして、すぐに始める。直前期になると、1日でも惜しくなるのはわかりきっているんだから。

経済系

公務員試験の経済学の勉強を始めるならまず間違いなく、「らくらく」から始めるのが良い。
誰がなんと言おうと、迷わず「らくらく経済学」シリーズを繰り返しマスターしよう。
国家2種レベルや地方上級だと、これだけで合格レベルに達することができる。


経済系の科目はとにかく、図を書いてグラフで理解すること。多くは難しい概念の理解など必要としない。基礎のちょっとした応用で解ける問題ばかりだ。
逆にいうと、そういう問題を取りこぼさないことが大事。

2次の記述問題もらくらくシリーズをしっかり理解しておけば解ける。
また、2次の解答でも図をちゃんと書くことが大事だ。

経営系

公務員試験の経営学は超得点源科目だ。しかもやるべきことは少ない。
スーパー過去問ゼミだけひたすら繰り返せば良い。それだけで確実に得点できる楽勝科目だ。

法律系

法律系は、まず憲法を押さえる。
憲法は内容が簡単で試験範囲も狭く、得点源になりやすい。
逆に民法に力を入れ過ぎると、深い法律の迷宮に迷い込んでしまう。
法律はまず憲法。憲法が一番簡単で範囲が狭く、得点源にしやすい。


その次に、民法。
こちらはほどほどにして、以下のテキストを4〜5回読んで、スー過去をやるくらいでOK。
まずスー過去前に講義調のこのシリーズで概要を理解する。

それからスーパー過去問ゼミをやりこんでいく。

地方上級や2種レベルから1種レベルの問題を解けるようになるためにやること

国家公務員1種、今は総合職になっていると思うが、要は難関職の場合は、スー過去やらくらくに加えて、もう一段階難しいテキストをやる必要がある。
基本戦略としては、以下の通り。
1.模試を受けたり、過去の模試を購入して、「1種レベル」の問題をこなす
2.1種の過去問を5回くらいやる

この本は解説がスー過去に比べてイマイチだが、これくらいしか選択肢がないのも事実だ。
3.計量経済学、統計学の問題集を1冊分やっておく。

この辺の例題で理解していくタイプが実践的だ。
4.1種(総合職)レベルだと、けっこう面倒な計算問題も出るので、この本を押さえておく。

ちなみに財政学については、スーパー過去問ゼミだけやっておけば大丈夫。

面接対策

2時試験では面接があるんだけど、国家公務員1種の時代と同じであれば、事前に小さなカードが送られてくる。
そのカードにちょっとした質問(学生時代頑張ったこととか)が書いてあって、それを元に面接官が他愛もない質問をしてくる。

普通に笑顔で愛想よく、質問には論理的に答えることができれば、難なく突破することはできると思う。
面接対策としては以下の本をひと通り読み、準備しておいた。
実際これくらいやっておけばぜんぜん大丈夫だった。